TODAY(トゥデイ)関数は、今日の日付を出力してくれる関数です。日付はパソコンの表示時刻が基準となります。

【構文】

=TODAY()

【使用例】

  • =TODAY()
    現在の日付が出力されます。
  • =TODAY()-1
    TODAY関数を出力後、数式バーでマイナス1をすると昨日の日付になります。

TODAY関数は引数が不要なので、関数ライブラリより関数を選択すれば、そのまま出力されます。さて、ここでさえちゃんクイズ! TODAY関数と同じように引数の不要な関数はいくつあるでしょうか!? 答えはこのページのワンポイントアドバイスで!

関数説明

TODAY関数は、[数式]タブ→[日付/時刻]の中にあります。

引数は不要です。

セルに YYYY/M/D の書式設定で最初は出力されます。

この時間は、パソコンの時計から出力されます。

また、1を引けば昨日の日付が出力されます。

TODAY関数は以上です。

1日1日を大切に

シリアル値で100歳までの人生残存日数を計算することができます。

この記事を書いた時点で「14,512日」経過しましたが、必ず終わりの日はくるものです。少なくとも、この残存日数を達成することは確率的に0.数パーセントでしょう。

何が自分にとって幸せで、何が自分にとって不要なのか? 幸せの総量を最大化にして、残存日数を大いに楽しみましょう!

さえちゃんのTODAY関数ワンポイントアドバイス

冒頭のクイズの答えは、TODAY関数を含めて全部で4つです! わかった人はExcelマニア! すごい! 

引数の不要な関数

関数ステータス

関数ライブラリの種類

日付/時刻

数式の構文

=TODAY() 

引数ダイアログ

Microsoft 公式サポート

TODAY関数 - Office サポート