関数概要

LOWER(ロワー)関数は、アルファベットの大文字データを小文字データに変換する関数です。

半角入力は半角の状態で変換出力され、全角入力は全角の状態で変換出力されます。なお、日本語の文字列に関しては何も適用されず、そのままの状態で出力されます。

構文 =LOWER(文字列)
使用例

=LOWER("Yujiro Sakaki")
半角入力なので、出力結果は「yujiro sakaki」となります。

=LOWER("Yujiro  Sakaki")
全角入力なので、出力結果は「yujiro sakaki」となります。

=LOWER("榊 裕次郎")
日本語の文字列に関しては「榊 裕次郎」とそのまま出力します。

LOWER関数は、アルファベットのデータをすべて小文字変換してくれます。UPPER関数同様、使いどころはたいしてないのだけど、データクレンジングの技の一つとして覚えておいて損はない関数です。

動画解説

関数説明

私の名前の文字列でLOWER関数がどのような出力結果になるのか、試してみましょう。

LOWER関数は、[数式]タブ→関数ライブラリの[文字列操作]関数の中にあります。

参照元は半角なので、すべて半角大文字で出力されました。

オートフィルで、それ以外のデータを調べてみましょう。

対応するのはアルファベットのみ、日本語は半角カタカナでも無視されます。なお、半角スペースは半角スペースのまま送られ、全角スペースは全角スペースのまま送られます。

LOWER関数に関しては以上です。

さえちゃんのLOWER関数ワンポイントアドバイス

LOWER関数を使うときも、ビジネス上であまりない気もするのですが、UPPER関数同様、例えばWebサイトのフォームを単純なテキストデータの入力でメールアドレスを送信させるような状態でデータが集まってしまったときは出番が想定されます。データの収集元のシステムがしっかりしていれば使う必要はありません。

なるべく使う機会がないといい関数ですよね。

関数ステータス

関数ライブラリの種類

文字列操作

数式の構文

=LOWER(文字列) 

引数ダイアログ

Microsoft 公式サポート

LOWER関数 - Office サポート