COUNT(カウント)/COUNTA(カウントエー)/COUNTBLANK(カウントブランク)関数は、それぞれ該当するセルの数を数えてくる関数です。

【構文】

=COUNT(値1, 値2……)
=COUNTA(値1, 値2……)
=COUNTBLANK(範囲)

【使用例】

=COUNT(B2:B5)
セルB2~B5までの数値データのあるセルの個数を数えてくれます。
=COUNTA(B2:B5)
セルB2~B5までの空白セルでないセルの個数を数えてくれます。
=COUNTA(B2,D2)
セルB2とセルD2の、空白セルでないセルの個数を数えてくれます。
=COUNTBLANK(B2:B5)
セルB2~B5までの、空白セルの個数を数えてくれます。

数式は共通なので、まとめて覚えてしまいましょう。

この3セットは使い方が一緒だけど、COUNTBLANKは追加で範囲選択はできないので、COUNT・COUNTA関数でいう「値1」の部分しか使えません。まあ、そこまでして空白セルを数えたいシーンは仕事上でありませんよね。

関数説明

COUNT関数をモデルとして、使い方を説明していきます。

結果を求めたいセルにアクティブセルを置き、[数式]タブ→[その他の関数]→[統計]→[COUNT]を選びます。

数えたいセルの範囲を選択します。

答えは4になります。

COUNT関数・COUNTA関数・COUNTBLANK関数、どれもすべて同じ使い方ですが、数える対象がそれぞれ異なります。

COUNT(カウント)関数

数値データのみを数える、という特質系の関数です。

カウント関数というくらいだから、個数を数えてくれるんだろ? と思いがちではありますが、計算ができる数値データのみしか処理してくれません。

文字列はすべて無視されて処理されます。

処理が完了したかどうか、手動でワークシートの表をチェックする際、よく表の右側に「チェック」列を設けて、その列に「1」を入力することがあります。

このことを「1立て(いちたて)する」なんて言い方もしていますよね。事務職系のワークシートではよく見かけるワークシート運用術です。

COUNTA(カウントエー)関数

COUNTAの「A」=「ALL」 というふうに覚えると楽です。

こちらの関数は、セルにデータが入っていればその件数を1としてカウントします。回りくどい説明となりますが、空白セルではないセルを数える、という意味になります。

そのため、空白セルでないセルは「5」という結果が出てきます。

COUNTBLANK(カウントブランク)関数

ブランク=空白ということで、空白セルを数える関数になります。

この関数も、[数式]タブ→[その他の関数]→[統計]の中に入っています。

使い方は、SUM関数と共通の使い方をするのですが、COUNTBLANKのみ、選択できる範囲は1つだけということにご注意ください。

COUNT関数(COUNTA関数も同じ)

COUNTBLANKだけは「範囲」という1つの指定のみです。

さえちゃんのカウント関数3種盛りワンポイントアドバイス

表見出しのタイトルで「数量」って記載があると、数を数えなきゃいけないんだ! という意識からCOUNT関数を選んでしまって、合計がへんてこりんな値を出してしまう人もけっこう見かけました。この場合はSUM関数を使うので、表見出しで使う関数をすり替えられないように気を付けてくださいね。

間違えて、SUM関数ではなくCOUNT関数でセルの数を数えてしまった! ってことの内容にご注意ください。

関数ステータス

関数ライブラリの種類

その他の関数→統計

数式の構文

=COUNT(値1,値2……)
=COUNTA(値1,値2……)
=COUNTBLANK(範囲) 

引数ダイアログ

Microsoft 公式サポート

COUNT関数 - Office サポート

COUNTA関数 - Office サポート

COUNTBLANK関数 - Office サポート