ROW(ロウ)関数は、参照したセルの行番号を知らせてくれる関数です。引数は省略することができ、その場合は現在位置の行番号を教えてくれます。

【構文】

=ROW(参照)

【使用例】

  • =ROW(B2)
    セルB2は2行目なので「2」と出力されます。
  • =ROW()
    現在いるセル番地がD10なら「10」と出力されます。
  • =ROW(B2:B6)
    現在いるセルから「2」「3」「4」「5」「6」とスピル(3~6が自動出力)されます。

ROW関数の使い道として、現在の行番号を取得してくれるので、これを利用して別の関数に組み込むことで応用が可能です。行番号を取得するROW関数に対して、列番号を出力するCOLUMN関数とセットで覚えておくといいでしょう。

関数説明

シンプルに、現在位置の行番号を取得してみましょう。アクティブセルの番地は、セルC3です。

ROW関数は、[数式]タブ→関数ライブラリの[検索/行列]にあります。

ROW関数は引数を省略することで、現在位置を取得できます。

そのままOKボタンを押します。

このとおり、アクティブセルの位置は「C3」なので「3」行目を示す「3」が出力されました。

また、このようにセル参照でA1を指定すれば、「1」と出力されます。

さらに、範囲選択した参照になると……。

アクティブセルの位置からスピル機能が発動(2019年11月以降のMicrosoft365より)します。

ROW関数は、このように行番号を取得してくれる関数です。

さえちゃんのROW関数ワンポイントアドバイス

オートフィルでデータを流したとき、データの入れ替えが発生するとその連番は崩れてしまいます。表の中で連番が固定のとき、オートフィルで連続データを入力するのではなく、ROW関数を使って連番を表現すると便利です。

このように、IDをROW関数を使って連番を振ってみましょう。

数式内で「-2」としているのは、現在の位置を「1」として出力するためです。

あくまで一例と思ってください。顧客IDは、顧客名から抜けたら欠番を埋めるためにその分繰り上がる、というルールがあるとしましょう。

このデータの中で「乃木坂広告社」を消すとします。

通常のオートフィルで連続データを出力した場合、「4」が欠番となってしまいますが、ROW関数を使うことで自動的に連番を保持することができました。

このROW関数の性質を利用して、相対的に数字を割り振ることができるので、そのほかの関数にも応用できるケースはいくつかあります。

ただし、実際の業務でそのシーンが必要になるときは、数式がやたらと長くなってしまう傾向があるため、どうしてもこれしかない、というシーンで扱われることが多いこれまでの経験則です。

連続データは奇数・偶数の判定として扱われたり、VLOOKUP関数などで用いられる引数で、行番号や列番号指定でも相対的に数字を利用することができます。

組み合わせを挙げればたくさんあり、ここでの説明は逆に混乱を招きかねないので、事例紹介は割愛いたします。ROW関数は行番号を取得する関数だ、とだけ覚えることに集中してください。

関数ステータス

関数ライブラリの種類

検索/行列

数式の構文

=ROW(参照) 

引数ダイアログ

Microsoft 公式サポート

ROW関数 - Office サポート