DAY(デイ)関数は、引数内のシリアル値から日数を出力する関数です。MONTH(マンス)関数は、その月を出力し、YEAR(イヤー)関数は年を出力します。

【構文】

=DAY(数値1, 数値2……)

【使用例】

  • =DAY(TODAY())
    今日の日付が2021年7月23日としたら、23が出力されます。
  • =MONTH(TODAY())
    今日の日付が2021年7月23日としたら、7が出力されます。
  • =YEAR(TODAY())
    今日の日付が2021年7月23日としたら、2021が出力されます。
さえちゃん1

3つの関数の中で一番利用しやすいのが、DAY関数になります。DAY関数を使うことで、日数進捗を%で出力することができますからね。詳しくはワンポイントアドバイスにて記載します。

関数説明

TODAY関数で出力した日付に対して、それぞれの関数で数値を取得していきましょう。

YEAR関数・MONTH関数・DAY関数はそれぞれ、[数式]タブ→関数ライブラリの[日付・時刻]にあります。

引数には、それぞれTODAY関数の入ったセルB3を参照します。

TODAY関数で出力したデータはシリアル値になるため、シリアル値からその年・月・日の実数データを変換する関数です。

さえちゃんのDAY関数ワンポイントアドバイス

さえちゃん3

YEAR関数とMONTH関数は、正直使いどころを見定めていないのだけど、DAY関数は日々使っております。例えば、予算を月末までに使わなきゃいけない仕事もありまして、そのとき日数進捗の%を出力しておくと、予算進捗が進んでいるのか停滞しているのかがわかります。

=DAY(TODAY())/ 31

という数式を立てると今月は何パーセント進んだかがわかります。

予算進捗の%と見比べながら予算を使用することができるので、利用金額のペース配分を知ることができます。

また、31はEOMONTH(エンドオブマンス)関数で出力することも可能です。

Googleスプレッドシートの場合は、シリアル値のスタートが1899/12/31スタートなので、TODAY関数に+1を加えてください。

関数ステータス

関数ライブラリの種類

日付/時刻

数式の構文

=DAY(シリアル値) 
=MONTH(シリアル値) 
=YEAR(シリアル値) 

引数ダイアログ

Microsoft 公式サポート

DAY関数 - Office サポート

MONTH関数 - Office サポート

YEAR関数 - Office サポート