LOG(ログ)関数は、対数を出力してくれる関数です。

【構文】

=LOG(数値, 底)

【使用例】

  • =LOG(8,2)
    数値「8」で底が「2」の対数は「3」となります。

高校の数学Ⅱで、対数をやったの覚えていますでしょうか? 「2」の「3」乗は「8」。これを逆に言い換えると、底(てい)を「2」とすると、数値「8」の対数は「3」となります。対数は、何桁の数か? を調べるときに使いましたよね。

関数説明

LOG関数は、対数を求めるときに使います。

まず、指数を使って累乗を求めることができるPOWER関数をご覧ください。3の7乗を計算した結果、答えは「2,187」となります。

LOG関数で「2,187」は「3」の対数を求めてみましょう。対数なので、関係図としてはこのようになりますよね。求めるのは〇乗か? ということなので、指数を求める結果となります。

LOG関数は[数式]タブ→関数ライブラリ[数学/三角]にあります。

引数はPOWER関数と似ていますね。

結果、指数だった「7」が返りました。

以上がLOG関数になります。

「4」は「2」の「2」乗、「8」は「2」の「3」乗ってきれいに求められるけど、「7」は「2」の何乗? って求められたとき、表現できないよね。そういうとき、log₂7(ログ・ニ・テイ・ナナ)って表現できた。対数のことをロガリズムって呼んだっけね。対数のところは数学の中間テストで100点取ったことあるんだけど、もうほとんど忘れちゃった。でもExcelがあれば大丈夫!(笑)

さえちゃんのLOG関数ワンポイントアドバイス

エクセルで対数を使うときなんてあるのかどうか? ワンポイントアドバイスでひとつご紹介します。度数分布表(ヒストグラム)で、区間数をいくつも受ければいいか? というときに役に立ちます。スタージェスの公式によって求めることが可能です。

以下のサンプルデータ、乃木坂進学塾のデータ件数が「2019年」「2020年」それぞれ50件ずつのデータがあるとします。

ヒストグラムで区間はいくつも受ければ最適か? スタージェスの公式で導いてみましょう。

スタージェスの公式は、底が「2」のデータ件数となります。

=LOG(データ件数, 2)

区画推定数は「5.6」より「5」または「6」の区画を作成してみます。

なお、区画範囲はわかりやすい数値で区切ることがセオリーなので、進学塾のデータの場合は「10点区間」で作成してみましょう。

例として、2019年度のデータの幅(最小値・最大値)を求めてみます。

これより、40~49まで、50~59まで、という区画で作成すればスタージェスの公式の範囲内で、度数分布表(ヒストグラム)の区画は「6」つがちょうどよさそうです。

度数分布表(ヒストグラム)を新規で作成する場合、相応な区画数を想定することは、このくらいのデータ件数であれば、行き当たりばったりで作成することもできますが、データ件数が多い場合そうはいきません。スタージェスの公式を使って、あらかじめ「これくらい」と予測することができます。

対数はこういうところでも使うことができるんですね。

関数ステータス

関数ライブラリの種類

数学/三角

数式の構文

=LOG(数値, 底) 

引数ダイアログ

Microsoft 公式サポート

LOG関数 - Office サポート