PROPER(プロパー)関数とは、アルファベットの名前表記のように最初の文字を大文字にして、残りを小文字データに変換する関数です。

半角入力は半角の状態で変換出力され、全角入力は全角の状態で変換出力されます。なお、日本語の文字列に関しては何も適用されず、そのままの状態で出力されます。

【構文】

=PROPER(文字列)

【使用例】

  • =PROPER("YUJIRO SAKAKI")
    半角入力なので、出力結果は「Yujiro Sakaki」となります。
  • =PROPER("yujiro  sakaki")
    全角入力なので、出力結果は「Yujiro Sakaki」となります。
  • =PROPER("榊 裕次郎")
    日本語の文字列に関しては「榊 裕次郎」とそのまま出力します。

UPPER関数LOWER関数、どちらの関数説明でもあまり使う機会ないよねーと記載しましたが、PROPER関数のほうが先の2つの関数よりも使いどころはあります。ASC関数と組み合わせ使うのだけど、詳細はワンポイントアドバイスを見てね!

関数説明

私の名前の文字列でPROPER関数がどのような出力結果になるのか、試してみましょう。

PROPER関数は、[数式]タブ→関数ライブラリの[文字列操作]関数の中にあります。

セルB3を参照します。

先頭は大文字で、それ以外は小文字で出力されました。

重要な点は、スペースがあると単語の最初とみなし、大文字になります。以下のように、スペースがないと判別ができないため、Yujiroの「Y」も「y」で出力されます。

オートフィルで、それ以外のデータを調べてみましょう。

対応するのはアルファベットのみ、日本語は半角カタカナでも無視されます。なお、半角スペースは半角スペースのまま送られ、全角スペースは全角スペースのまま送られます。

PROPER関数に関しては以上です。

さえちゃんのPROPER関数ワンポイントアドバイス

PROPER関数はローマ字入力されたデータを統一するときに使います。Webからの直接入力の場合、YUJIRO SAKAKI と大文字だけで登録してしまう人や、yujiro sakaki と小文字で登録してしまう人がいると、集まったデータが統一できません。PROPER関数は、すべてのデータを統一するという目的で使われることがほとんどです。

ASC関数と一緒に使うと、一気に統一することができます。

=ASC(PROPER(文字列))

ASC関数は全角を半角にする関数で、PROPER関数と合わせて使うことで、半角で先頭を大文字、残りは小文字のデータに統一させることができます。

関数ステータス

関数ライブラリの種類

文字列操作

数式の構文

=PROPER(文字列) 

引数ダイアログ

Microsoft 公式サポート

PROPER関数 - Office サポート