Lesson 007の動画になります。

[divider type=”line” margintop=”10″]

[divider type=”line” margintop=”10″]

[highlight color=”yellow”]NOTE(20150817 LastUpdate)[/highlight]

Lesson007 は、セルの配置設定についてです。

動画を撮り終えて気づいたのですが、この説明をする前にセルの結合についてお話しするべきでした。

セルはもうそれ以上分割できませんが、結合することは可能です。結合した分であれば、分割することができます。そういった性質を持っているのは、Excelでも同様です。

セルを結合する場合、結合したいセルを選択して、こちらのボタンを押します。結合の種類は3つあり、

○ 選択範囲をすべて結合するか?
○ 選択範囲の横方向1行だけ結合するか?
○ 選択範囲の縦方向1列だけ結合するか?

選べます。Excelでは縦方向に結合はなかったですよね(たしか)。

Spreadsheetlesson07

適当なセルを使って、結合のテストをしてみてください。

セルの配置については「水平方向の配置」「垂直方向の配置」、この二つのボタンを使用します。

左詰め、中央揃え、右詰めの水平方向の配置と、上揃え、上下中央揃え、下揃えの垂直方向位置の配置。ひとつのセルに9ヶ所の位置設定ができます。セル幅を大きくして確かめてみましょう。

ところでテキストの折り返しアイコンにもあるように、「切り詰める」ボタンを使う機会はあるのだろうか? と疑問に思いました。

切り詰めるボタンよりもExcelに用意されていた「縮小して全体を表示する」機能が欲しいところですね。

動画の最後に紹介したショートカットキー一覧を出すショートカットキーの出し方、こちらは操作が慣れるまで必要なウィンドウになりますので、「Ctrl(Command)+/(スラッシュ)」は覚えておきましょう。

[actionbutton color=”#239DD9″ link=”../lesson006″]前のレッスンへ[/actionbutton] [actionbutton color=”#9dc23d” link=”../lesson008″]次のレッスンへ[/actionbutton]