IF(イフ)関数は、条件分岐をした結果を出力する関数です。

【構文】

=IF(論理式1, 値が真の場合,値が偽の場合)

【使用例】

=IF(B2>A1,"〇","×")
セルB2の数値データがセルA1の数値データより大きい場合、〇をセルに入力します。それ以外の場合は×をセルに入力します。

=IF(B2>=A1,"〇","×")
セルB2の数値データがセルA1の数値データ以上の場合、〇をセルに入力します。それ以外の場合は×をセルに入力します。

=IF(B2="東京","〇","×")
セルB2のデータが東京だったら、〇をセルに入力します。それ以外の場合は×をセルに入力します。

=IF(B2<>"埼玉","〇","×")
セルB2のデータが埼玉以外だったら、〇をセルに入力します。埼玉の場合は×をセルに入力します。

データの整合性を確認するときや、○×判定をするときなどにIF関数はよく用いられます。

真か偽かという言葉が慣れないけど、単純にこのときは「A」それ以外は「B」といった単純な分岐をします。IF関数はシンプルに使うのが理想ですね。

関数説明

以下のサンプルデータで、大森さんの4月~6月の合計で、目標金額を上回ったら「〇」、そうでなければ「×」といった結果を出力する数式をセル「H5」に記載してみましょう。

目視チェックだけでも「〇」が入るぞ! ということはわかりますよね。

IF関数は、[数式]タブ→関数ライブラリの[論理]にあります。

引数ボックスは3つ用意されています。

論理式は、大森さんの合計「F5」が目標金額「G5」より大きかったら~という数式となるため、不等号を使って「F5>G5」となります。

この際、注意点が2点ありまして、

  1. 不等号の入力は必ず半角で行う
  2. G5<F5のように逆にしない。主となるデータが先にくるよう不等号を作成する

です。

1. に関しては、全角半角の切り替えが多いIF関数なので、うっかり「<」「>」と大文字で入力してエラーになってしまう人が多いです。

2. に関しては、主となるデータを先にセル参照で取得しないと、数式が日本語訳できなくなる、という問題が発生します。意味が通る数式を書くことは、非常に重要なことです。

あとは、値が真の場合は〇、そうでない場合は×と記載します。

この際、値が真の場合に「〇」と入力後、値が偽の場合の引数ボックスに移動すると、自動的にダブルコーテーション「””」が付されます。

数式内に文字列を入れるためには、ダブルクォーテーション「""」でくくるというルールがあります。

IF関数が慣れてきて手入力で行う際には、手動で入れないとエラーが起きてしまいますのでご注意ください。

「×」の入力後はカーソル移動がないため、ダブルクォーテーションがないままOKボタンを押すような操作になりますが、OKボタンを押した瞬間につくのでご安心ください。

以下、結果となります。

こういった〇×記号は中央揃えをして、オートフィルで一括処理ができました。

さえちゃんのIF関数ワンポイントアドバイス

不等号は「<」「>」のどちらかを使うことが多いです。医療系のデータになると、数字が浮いてしまうことを防ぐため「<=」「>=」を使うことがあります。

また、外資系のワークシートでは以上・以下という概念があまり使われないため、「<=」「>=」を使うことは特に稀です。理由は、以上・以下は、or more ・ or less と表現できますが、英語では一般的な表現ではないんですね。業種によって、国によっても使い方が異なるので面白いです。中国だと以上・以下は前後の文脈判断になると伺っています

不等号の使い方を解説します。

  • F5<100 (100より小さい)
  • F5>100 (100より大きい)
  • F5<=100 (100以下)
  • F5>=100 (100以上)
  • F5=100 (100だったら)
  • F5="東京" (東京だったら)
  • F5<>"埼玉" (埼玉以外だったら)
  • F5<>"" (空白セル以外だったら)

IFERROR関数では「""」の使用を勧めないとしているのですが、IF関数の場合は、条件分岐に用いるためだけに使います。

ゆえに、数式で空白セルを出力するわけではないので利用は可能です。

関数ステータス

関数ライブラリの種類

論理

数式の構文

=IF(論理式,値が真の場合,値が偽の場合) 

引数ダイアログ

Microsoft 公式サポート

IF関数 - Office サポート