Lesson 004の動画になります。

[divider type=”line” margintop=”10″]

※ アップデートされてしまったので、後日作り直します。

[divider type=”line” margintop=”10″]

[highlight color=”yellow”]文字起こし(20150930_LastUpdate)[/highlight]

Lesson004 は、セルのデータ入力・計算方法を確認しましょう。

データには計算ができる「数値データ」と、文字列となる「文字データ」の2種類があります。

sp04_1

数値データは入力されると右詰めで表示されるのに対して、文字データは左詰めで表示されます。日付を入力すると右詰めで表示されるため、スプレッドシートでも日付は変わらず数値データとして扱われます。

sp04_2

また、計算する場合は、必ずイコール「=」から始まります。文字入力をしたあと計算をしようとすると、全角のままイコールを操作することが多いです。必ず計算式を入力する場合は、半角に戻してからイコール「=」を入力してください。

sp04_3

そして計算をする際、=B3+C3 のように、セル番地を取得することを[highlight color=”yellow”]「セル参照」[/highlight]といいます。スプレッドシートも、Excelと操作方法は変わらないので、Excelに慣れてしまった人でもストレスなく計算式の入力をすることが可能です。

sp04_4

ここまでが基本操作説明、イントロダクションです。

最後、繰り返しとなりますがGoogleSpreadSheetは自動的に保存される、ということを覚えておきましょう。毎度「上書き保存」や「Ctrl+S」などをする必要はありません。スマートフォンのゲームのように、いつでも中断することが可能です。

[highlight color=”yellow”]それではGoogleSpreadSheetの世界を旅していきましょう![/highlight]
 

[actionbutton color=”#239DD9″ link=”../lesson003″]前のレッスンへ[/actionbutton] [actionbutton color=”#9dc23d” link=”../”]一度目次に戻る[/actionbutton]