LEN(レン)関数は、参照したセルの文字数を数えてくれる関数です。

【構文】

=LEN(文字列)

【使用例】

  • =LEN(B2)
    セルB2のデータの文字数を数えます。半角・全角の区別はありません。

Lenght(長さ)のスペルから命名したLEN関数。LEFT・RIGHT関数と合わせて使うことが多いですね。この関数には、LENB(レンビー)という関数があり、そちらは半角を1文字、全角2文字として扱います。使い方は同じです。

関数説明

LEN関数は、セルの文字列の長さをカウントしてくれます。出力したいセルにアクティブセルを置いて、[数式]タブ→[文字列操作]→[LEN]と探していきます。

引数指定はセル参照のみです。

これで「13」文字あるよ、という結果が返りました。

なお、文字列操作関数は出力されるデータが「文字列データ」であることが多いのですが、この13というデータは「数値データ」となります。

そのため、この結果に対して計算をすることができます。

さえちゃんのLEN関数ワンポイントアドバイス

知恵を振り絞って考えたのだけど、この関数にワンポイントアドバイスはないかな~。単純に、そのデータの長さはどれだけ? というものを調べてくれるから、この関数はネスト(関数に関数を入れて使うこと)されて使われることが多いです。

LEN関数で全体の長さから、FIND関数で ”区” までの文字数を引く。

「13」-「5」=「8」 → RIGHT関数で「8」文字抜く

こうすると、「"区"」の位置がどこにあっても、「"区"」以降のデータを抽出することができます。

港区:「13」-「5」=「8」 → RIGHT関数で「8」文字抜く
目黒区:「15」-「6」=「9」 → RIGHT関数で「9」文字抜く
世田谷区:「15」-「7」=「8」 → RIGHT関数で「8」文字抜く

LEN関数はこういう使い方をすることが多いですね。

関数ステータス

関数ライブラリの種類

文字列操作

数式の構文

=LEN(文字列) 

引数ダイアログ

Microsoft 公式サポート

LEN関数 - Office サポート