こんにちは! Excel講師の榊です。

AppSheetは保存後、自動的にバージョンを管理をしてくれるので、エラーが出た状態で保存してしまっても、安心して前のバージョンに戻ることができます。

( ゚Д゚)  エラーが出ちゃった! ( ゚Д゚)

エラーに気づかず上書き保存をしたときはゾッとしますよね。そういうときこそ、どこがエラーを起こしているのか解決できないことが多いので、無駄に時間を浪費してしまいます。

AppSheetは、自動保存と上書き保存でバージョン管理がされているため、問題が生じたときは過去の保存時に戻ることができます。

それでは管理画面の場所を確認しておきましょう。

まず、バージョン管理が見れる場所は、[Manage]メニューです。

[Versions]タブに移動します。

このVersion Historyの項目に「Get version history」のボタンがあるので、こちらをクリックしてください。

現在のバージョンが「1.000077」です。それ以下の一覧が表示がされました。1.000002もまだ私の画面では見えているので、どこまでバージョンを取得してくれるのでしょうね? 全部?

[View]ボタンをクリックすると表示がされます。

Restore(make this version current) をクリックすると、そのバージョンを現在のバージョンにできます。

これで安心ですね!

余談ですが、私がエラーを多く出すところは[Behavior]メニューの[Workflow]でした。間違ったものを削除するとエラーは消えます。

最初は思い通りに動かないものですね……。


広告