Lesson 006の動画になります。

[divider type=”line” margintop=”10″]

[divider type=”line” margintop=”10″]

[highlight color=”yellow”]NOTE(20150817 LastUpdate)[/highlight]

Lesson006 は、ハイパーリンクの設定についてです。

スプレッドシートは、インターネットに連動している機能(関数)が多いので、ハイパーリンクの設定はローカルで作業をするExcelよりも使用頻度が多いかもしれません。

ハイパーリンクを設定する文字列の入ったセルをアクティブにしたら、ツールバー「挿入」→「リンク」で指定できます。ショートカットキーは以下のとおりです。

Ctrl(Command)+ K

Excelではハイパーリンクのが設定されるだけで、数式バーには入力した文字列しか表示されないのですが、スプレッドシートの場合はハイパーリンクを設定すると数式バーに、

= HYPERLINK(”URL”,”表示文字列”)

という関数が設定されます。あとあと関数の勉強にもなりますので、このハイパーリンク関数の型を覚えておきましょう。

ダブルコーテーション、カンマ、という形式ですね。Excelと違い、引数ダイアログがないため、直接ダブルコーテーションやカンマなどを入力しなければなりません。

そういう意味で、スプレッドシートをマスターするには、関数を直接入力できるレベルが必要、ということなんです。

[actionbutton color=”#239DD9″ link=”../lesson005″]前のレッスンへ[/actionbutton] [actionbutton color=”#9dc23d” link=”./lesson007″]次のレッスンへ[/actionbutton]