5つ目の関数、COUNT(かうんと)関数と呼ばれているものです。

どういう関数かというと、数値データの個数を数えてくれる関数です。MIN関数で使用したデータシートを再利用してみましょう。

この赤い四角の中で、データはいくつあるでしょう? 

この関数も、「その他の関数」→「統計」の中にあります。

COUNT関数のはじまりは「C」なので、意外と早く見つかると思います。

SUM・AVERAGE・MAX・MINと同様のダイアログボックスが出てきました。 自動取得された範囲が異なりますので、再取得してください。

最後にOKをクリックします。

セルA1からA5までの間で、数値データはいくつありますか? という関数の問いかけに対して、「5」という結果が算出されました。

簡単ですが、注意点がひとつ。

この5個あるデータのうち、ひとつを文字列データに変更してみます。

COUNT関数が入力されているセルは「4」と再計算されました。

数を数えてくる関数なのですが、文字列データは数えてくれないということです。実はSUM・AVERAGE・MAX・MINも選択した中で、文字列データがあった場合は無視されます。

数えてくれないのは当然といえば当然なのですけど、数を数える関数というと、文字列まで数えてしまいそうな気がしてしまいますからね。ここは注意してください。

改めて、COUNT関数は、数値データのみ数えます。

実際の業務では、COUNT関数ってあまり使わない印象です。あとのLessonで勉強するCOUNTA関数のほうをよく使いますね。数値データのみをカウントする、ということはかなり限定的です。

目次へ 次の講座