榊裕次郎の公式サイト - Transparently

Excel講師 榊裕次郎 のWebサイトです。新しい講座にチャレンジ中! データベースにネットワークと、Ciscoの機器を横に置いて日々奮闘中です。第2四半期もがんばります!

「検索/行列」の記事一覧

ADDRESS(アドレス)関数の使い方

関数概要 ADDRESS(アドレス)関数は、行番号・列番号・参照の種類・参照形式・シート名の5つを指定することで、そのセル番地を文字列で出力してくれる関数です。 この関数はINDIRECT関数やMATCH関数と親和性の高 […]

COLUMN(カラム)関数の使い方

COLUMN(カラム)関数は、参照したセルの列番号を知らせてくれる関数です。引数は省略することができ、その場合は現在位置の列番号を教えてくれます。

ROW(ロウ)関数の使い方

ROW(ロウ)関数は、参照したセルの行番号を知らせてくれる関数です。引数は省略することができ、その場合は現在いる位置の行番号を教えてくれます。

MATCH(マッチ)関数の使い方

MATCH(マッチ)関数は、一行または一列の範囲から、条件に適合する位置が何番目にあるのか、または何番目までなのか? を数字で指定してくれます。

INDIRECT(インダイレクト)関数の使い方

INDIRECT(インダイレクト)関数は、指定される文字列への参照を返します。この関数は理解するのに難しいのですが、引数内で文字列として「"A1"」と入力すると、セル参照として扱われます。また、「"シート1!A1"」と指定すれば、シート1のセルA1を参照してくれるわけです。

XLOOKUP(エックスルックアップ)関数の使い方

関数概要 XLOOKUP(エックスルックアップ)関数は、VLOOKUP関数とHLOOKUP関数の進化版です。この2つの関数を兼ねることができます。 セル参照した検索値を頼りに、マスタデータの検索列を指定します。次に、デー […]