※ 暇なときにつらつらアップしていきます。

講師をしていると、いろいろな演習と出会います。とある研修で「チームの絆を深めるための演習」というものがありました。そのお題が、このようなものです。

【自分の持っている写真から5枚選んで、現在の自分を語りなさい】

自分も5枚選んで5分間という制限時間の中でまとめて話したのですけど、自分の過去を人に語るというのも、妙な快楽があります。また、他の人の話を聞いていると、その人の意外な一面を知ることができて、1、2回会っただけでも1年以上前から知っている気分になったんですね。

あの演習を思い出して、5枚じゃ収まり切りませんが、ちょっとブログに記載してみました。

2012年のフランス一人旅がすべてのはじまり

20代は小説家を目指しながら、フリーター、派遣社員と生き抜いて、職業訓練講師として自分の適職とはなにか? を見出した矢先に訓練校が閉校となり、そのまま会社都合の解雇となりました。

年は30歳、とりあえず一人旅に出ようというマインドになり、最後の有休を全部使って、知り合いのいるフランス・ニースに行こうと思い立ちます。

当時はクレジットカードの力も財力もなく、格安航空券でフランス・ニースまで向かいました。格安なので乗り継ぎが悪く、巨大なアムステルダム空港でなんと5時間待ち。

日本時間は午前3時、ふらふらな状態で初めて英語で注文したこのハイネケンは一生忘れません。

追記として、エズの庭園と、北イタリアのワインバーの自撮り写真。

この一人旅が、個人事業主になろうという勢いをつけました。

食を楽しみ、景色を楽しみ、人と楽しみ、時間を楽しむ。フランス人のそういう過ごし方を学ぶと、1回しかない人生、また再就職活動するのがまったく馬鹿らしくなったんですよね。

サンフランシスコのGoogleへ

Google AdSenseというプロダクトの出会いがありました。サンフランシスコのGoogleでは、いろいろな出会いがありました。日本の働き方がいかに無駄が多すぎるかも感じた日でしたね。

海外に出て日本を見つめなおすことはいいことでした。

World Domination Summit

WDSというポートランドで開催されている、いわゆるTEDのようなイベントに参加しました。いろいろな基調講演を聞いて、自分のマインドに+になるよう消化しました。

というより、ポートランドはビールがおいしいので、ビールおいしかったな。アフターパーティーの写真はたくさんあるのだけど、このボブおじさんと一緒にダンスした写真は好きw

手首骨折したまま出掛けたアメリカ・テキサス出張

2018年の5月でした。赤坂のスーパーで買い物をしたあと、カラスに襲われて(喧嘩していた3羽に巻き込まれ、よろめいて転倒しました…)骨折をしたのが出発2週間前。

当時デルタ航空では上級ステータス保持者だったので、だから考慮してくれたのかもしれないけど、登場直前にアップグレードしていただき、成田→ロサンゼルス間は「デルタ・ワン」というデルタ航空においてのファーストクラスに乗ることができたんです。

通常チケットなら、片道50万円。たったこれだけのイベントで、今までの年会費すべてペイできて、お釣りが出てきたようなものでした。

手首骨折しているだけなので、肝臓は平常運行。シャンパン・ワインを高橋真麻のように飲みました。

テキサスのGoogleで大いに楽しみ、帰りはWDSのイベントで土地勘のついたポートランドを経由して帰宅しました。アメリカの国内移動は久しぶりだった。

人間万事塞翁が馬、という諺が大好きなんですけど、まさにそんな1年でしたね。

2019年、コロナ禍突入前の大学講座

毎年春は各大学様で、新入生向けの講座を楽しみにしていました。

コロナ禍でしばらく大学講座はありませんが(もうないかな)、2019年、学生たちと一緒にやったパソコンセットアップ講座は本当に楽しかった。依頼があれば、ボランティアでもやりたいのだけど。

学生はやっぱり初々しい。写真は明治学院大学の学生たち。顔がわからない程度に写真は縮小します。最後にみんなと写真を撮りたいとお願いしてよかった。

コロナ前のシンガポール出張

仕事でシンガポールは4回ほど行きました。2015年からほぼ毎年ペースでした。

フライト時間は最悪でしたが、デルタ航空で行けたので成田空港のラウンジでワインを堪能してから出かけることができましたね。多分、シンガポールなら暮らせるぐらい土地勘はついたと思います。

2019年の4回目は母親を初めてを連れてシンガポールに行きました。父ちゃんも連れて行きたかったのですが、3人部屋というのがなく別途料金がかかってしまうので、とりあえず母だけ。

マリーナベイサンズに泊まり、最上階のレストランでディナー。このときは完璧なプランを立てましたw

2020年、コロナ禍突入前ギリギリのニューヨーク出張

行くかどうか迷ったけど、外務省のホームページを見定めながら決行。2月のニューヨークは極寒でしたね。寒くて息ができないほど。

そしてこれが最後のデルタ航空となりました。自営業としての付加価値を与えてくれたデルタ航空。国内出張が多くなってきたのと、デルタ航空が成田空港から路線撤退してしまったことに伴って、今後はJALに切り替えました。

ありがとうデルタ航空。

2021年、まだクリティカルな思い出がないので、更新したいです。