こんにちは! Excel講師の榊裕次郎です。

当サイトは、(株)ウェブライダー様の賢威8.0テンプレートを使用しております。こちらを独自技術で完全AMP対応いたしました。以下、PageSpeedInsightによる2021年6月現在のステータスです。

写真

AMPという技術に関しては、こちらをご参照ください。

WordPressに詳しい人であれば、AMP対応はプラグインをオンにすれば完了なので、それほど難しい操作ではありませんが、AMP対応によるコードの変更を逐次しなければいけないこと、また、もぐらたたきのように Google Search Console から出現する警告対応をしていかないといけないため、Web制作者としての私でもなかなか骨の折れる作業です。

導入後、Webページの読み込み速度は劇的に改善しますが、Javascriptがほとんど動かなくなるため、実装後に以下のような動きが自動的に削除されます。

以下、賢威8.0テンプレートで実装後に起きた症状です。

  • バーガーメニューのグローバルナビゲーション動作不可
  • SNSのシェアボタンの利用不可
  • 画面スクロールによるToTopボタンの緩やかな出現不可
  • Google AdSenseの非表示
  • GoogleAnalyticsの解析エラー

手探りで改善をしつづけ、ようやく1か月後にAMPが完全に適応されてエラーがなくなりました。どうぞ私のWebサイトでパフォーマンスをご確認ください。

また、私自身AMPによるマークアップは得意なので、可能なかぎりAMPでのコーディングをいたします。開発可能なパーツがあれば、適宜ご対応いたします。別途ご相談ください。

WordPressの完全AMP対応

作業手順

  1. 現時点でのWebサイトをフルバックアップ
  2. AMPプラグインの設定・有効化
  3. Google AdSenseがあればコードをAMP対応
  4. Google AnaylticsがあればコードをAMP対応
  5. その他、AMP対応可能なサービスがあれば対応( ※ Microsoft クラリティなど、AMP未対応のものはすべて取り除かれます)
  6. 構造化マークアップの開始・リッチリザルトテスト
  7. サイトマップ再送信
  8. Google Serach Consoleに上がってくる警告対応
  9. AMPの管理方法をご指導
  10. 引き渡し

基本料金

● 個人サイト

料金:20,000円 ~ (AMP対応後、1カ月エラー対応:保守つき)

● 法人サイト

料金:ご相談 (AMP対応後、1カ月エラー対応:保守つき)