WayBack Machineとは?

Webアーカイブサイトです。URLを入力して検索すると、そのURLが過去に表示していたサイトを表示してくれます。

既に消失してアクセス不能なサイトも、アーカイブされていれば閲覧は可能です。画像などは非表示になっているケースが多いのですが、どんなサイトだったかを思い出す分には問題ありません。

[divider type=”line” margintop=”0″]

最近Web関係者とお話をしていると、このツール名が出てきます。個人的なWebサイトキャリアは13年目になるのですね……。

4年前までは趣味の領域で生きてきましたけど、現在はこの知識で生活している部分もありますので、ガチでやっています。

で、自分のサイトもないものかと、ジオシティーズのミルキーウェイ、ベガストリートのURLを入れて調べてみました。ありました!

トランスペアレント

ホームページというものに興味を持ったのが、大学3年生のとき。2002年~3年の間ですね。

まだ自宅がISDNだったので、電話回線のピパポポピピポパ、ピーガ~~~~というサウンドを堪能した後、Netscapeを開いて、夜な夜な兄のパソコンをお借りしていました。接続しすぎると電話代がもりもりかかるので、3分という時間制限はありました。

<html>
<head>
<title>トランスペアレントへようこそ!</title>
</head>
<body>
</body>
</html>

このような記述を、ポケットリファレンスを見ながらメモ帳でせっせこがんばっていました。

こんなツールが世の中にあるというのも怖いっちゃ怖いのですが、喪失した過去を補填してくれたので、管理人にとっては役に立ったツールでした。上記キャプチャ、今度のセミナーのスライドで使おうと思います。

インターネットアーカイブサイト「WayBack Machine」

https://archive.org/web/

調べるのは自分のサイトだけにしてくださいね。