ゆみちゃんはトーンカーブについての説明をしようしましたが、ここは簡単に済ませることにしました。

レベル補正の話でも、初めての人にはややこしいなと思ったからです。

yumi05

「んー、トーンカーブをどう説明しようか」

sae02

「簡単でいいよ~」

yumi08

「教科書的な内容をあっさりと!」

[divider type=”line” margintop=”0″]

トーンカーブは、画像の色調(明るさ暗さ、鮮やかさ)と、色を変更できます。トーンカーブを調整することで、写真全体のコントラストや色味を調整できます。

なので、イメージとしてはこんな感じ。

  • 難易度1=明るさとコントラスト
  • 難易度2=レベル補正
  • 難易度3=トーンカーブ

 
トーンカーブができるようになると、もうほとんど自在に画像の明るさ、色合い、鮮やかさなどなど調整することができちゃいます。

ざっくばらんに、以下の右肩上がりのグラフを上にドラッグすると明るくなります。

level022-1

下にドラッグすると暗くなります。

level022-2

では、トーンカーブを使った修正方法の一例をご紹介します。

まず、画像内でサンプルして白色点を設定するボタンを押し、画像内で一番明るくしたいところを取得します。

ボタンを押すとスポイトツールになるので、写真の真っ白な場所をクリックしてね。

level022-4

そこが255の明るさになります。画像内でサンプルして黒色点を設定するボタンを押し、画像内で一番暗くしたいところを取得します。

今度は写真の真っ黒な場所をクリックしてね。

level022-3

そこが0の明るさになります。

最後にトーンカーブで明るくするか、暗くするか、どちらか修正してみてください。勘でいいかと思います。

level022-11

【設定前(白・黒取得点)】

level022-5

【設定後】

level022-12

明るいところ、暗いところを定めてからトーンカーブの調整をすることで、思い通りの明るさ・コントラストの場所が見つかるかな?

yumi05

「んーっ、説明前の写真の色合いのほうがバゲットおいしそうだな。ちょっと失敗」

sae07

「まあ、なんとなくわかったよ」

yumi05

「こっちの写真はどうかな?」

【加工前】

level022-13

【加工後】

level022-14

yumi01

「空がくっきり黒くなったつもりではあるのだけど、わかりやすい写真がなくてごめんね。トーンカーブをきちんとまた説明できるようにがんばるね」

sae04

「レイヤーでトーンカーブが作れるの?」

yumi07

「あっ、そうそう。調整レイヤーについてはあとで話すねっ」

[divider type=”line” margintop=”0″]

まとめ

トーンカーブを使って、画像を調整してみてください。ご自身の持つ写真でもトーンカーブを確かめてみてください。

次のレベルへ →