さえちゃんは外に出て、缶コーヒーを買ってきました。けれどもゆみちゃんは紅茶派ということを思い出し、慌てて買い直してきました。

ゆみちゃんのオフィスは、ドラマの撮影現場のようなおしゃれなオフィスです。いいなーと羨ましがりながら、重厚なエレベーターに乗り込みます。

12Fに到着するまでスマートフォンでFacebookを閲覧し、メールをチェック。そして戻ってきました。

sae01

「はい、ゆみちゃんの好きなミルクティー」

yumi07

「ありがとー。休憩はもう大丈夫?」

sae02

「体力全回復ですよ。続きをお願いします」

yumi07

「じゃあ、次はこのファイルを開こうか」

sae01

「これだねっ」

level011-1

sae05

「おされだよ! おされだよ!」

yumi08

「ふっふっふ。さえちゃん、長方形ツールで切り取って、移動してみて!」

sae03

「了解っ。あちょちょ!」

level011-2

yumi08

「切り取って移動すると、後ろの地は白だよね?」

sae01

「うん」

yumi07

「じゃあ、次はブラシツールで適当に色を塗ってみて」

sae10

「これでいいの?」

level011-3

yumi07

「いま、ブラシツールで色を塗ったら黒で描かれたでしょ」

sae04

「ということは?」

yumi08

「ここを見て!」

level011-4

sae10

「ほえ?」

yumi08

「ここが描画色(びょうがしょく)・背景色(はいけいしょく)の色なの。左が描画色、右が背景色。

描画色は、つまりはキャンバスに描く筆の色。背景色はキャンバスの色と思ってもらえればいい。だから、背景色を黄色にして、もう一度移動ツールで移動してみて」

level011-5

sae10

「黄色になったよ?」

level011-6

sae05

「わかった! じゃあ、これもしかしてはじめてのツールだけど、この消しゴムツール? 画像を消そうとすると……」

level011-7

sae03

「黄色が塗られているわけじゃなくて、キャンバスのカラーが黄色になったから黄色になっているって感じだね!」

yumi02

「ご名答!」

yumi07

「ちなみに、このボタンを押すと、黒と白の初期カラーに戻ります」

level011-8

「この矢印を押すと、描画色と背景色が反転します。反転するのは「X」のキーを使っても大丈夫だよ」

level011-9

sae04

「おおっ。けど、これって何のためにあるの?」

yumi08

クイックマスクって機能を使うときに利用するから、ここでは描画色と背景色をしっかり覚えておいてね。

あとは、ツールボックスの描画色と背景色を押したときに出てくるカラーピッカーの説明はいらないかな?」

level011-10

sae03

「うん、ガチャガチャ触っていれば色が出せるようになったよ。コードとかでも出せるんだね」

yumi02

「さすがさえちゃんっ! ただ、これだけは覚えておいて!」

yumi07

RGBカラーっていうのは、光の3原色。3色が重なると白になります。CMYKカラーっていうのは、色の3原色。シアン、マゼンタ、イエロー。3色が重なると黒になっていきます。

Kは何かという、BlackのKね。

3つの色が重なっただけでは黒にはならなくて、細かいところはググって。ようは印刷するときは色の三原色を使うから、CMYKカラーに変換しないと駄目ってことだけど、そこまではいいや」

sae01

「うん、勉強しておくよ」

[divider type=”line” margintop=”0″]

まとめ

描画色は描く筆の色。背景色はキャンバスのカラーということをしっかりと把握しておきましょう。また、RGBカラーとCMYKカラーの違いをしっかりと覚えておきましょう。

次のレベルへ →