Google Adsenseの収益分配率は、以下のページに記載されています。

【公式ページ】AdSense の収益分配率とは

Adsenseの収益分配率は68%ということですので、今月の収益が6,800円だとしたら、Adwords側(広告出稿者)から10,000円分頂いている、という感じでしょう。残りの3,200円は、Googleの収益になっている、ということです。

日頃から確認できる推定収益額は、この68%分が既に計算されているので、推定収益額が10,000円だとしたら、確定収益額が6,800円になってしまう! ということはありません。推定収益額が10,000円だったら、確定収益額も無効クリックなどの調整がないとすると、10,000円となります。

以上は、Webサイト運営における広告に限っての話で、YouTubeやAdmobなどは異なります。YouTubeの収益分配率は非公開となっているので、いくらなのかはわかりません。

[divider type=”line” margintop=”0″]

ここらへんは深く考えず、[highlight color=”yellow”]RPMという数値[/highlight]を見ればいいかと思います。

Webサイトの収益や、YouTubeの収益において、RPMが100円という数値であれば、広告の表示回数が1,000回あったら100円の収入があるということになります。これは指標ですので、実際にRPMが100円となっていても、実際に100円の収益があるわけではありません。

RPM100円という基準点を作り、自分のコンテンツはこれより上か下か? テーマによっていろいろ分析してみると面白いかもしれません。

1日1,000PVが目標と当サイトで記載しているのも、実は理由がここにあって、それくらいのPV数があるサイトになれば、Adsense管理画面の数値も落ち着いてくるのです。今日1日のPV数で、収益額がなんとなく予測できるようになり、運営が安定するようになります。

サイト運営者は収益分配率を気にするより、RPMを気にしましょう。

記事更新日:2016年5月5日