Google Adsenseでサイトを収益化するために、最初の目標は1,000円という単位です。Adsense収益がこの1,000円を超えると、管理画面で登録した住所に、Googleから郵送物が届くようになります。

ですので、管理画面には[highlight color=”yellow”]必ず正しい住所を入力[/highlight]してください。

管理人、ここがわからないのですが、この1,000円というのは、収益が確定した日から数日中なのか、それとも推定収益額が1,000円に到達したときか、おそらくは前者という認識でいます。五月雨式だったら、Google側の発送業務大変ですものね。

Webサイト運営者は末締め、翌月1日〜2日に確定収益額が決定します。YouTubeの場合は末締め、翌月10日〜14日頃に確定収益額が決定します。この決定額が、はじめて1,000円以上になったら、郵送物が自宅へ発送されるという認識です。

この基準額1,000円に達成すると、ようやく確定収益額を銀行口座に振り込む手続きができるようになります。どうして郵送物が発送されるのか? 本当に登録した人が運営しているのか? そのための住所確認となります。

[divider type=”line” margintop=”0″]

Googleは、サイト運営者の住所に、Personal Identification Number(ぱーそなるあいでぃんてぃふぃけーしょんなんばー)という番号が記された手紙を送り、その番号をサイト運営者がAdsense管理画面に入力、住所確認できたので、管理画面より口座設定をしてOKという流れです。

これがPIN(ぴん)設定というやつです。まず、トラブルが起きたら公式のヘルプページを読みましょう。

【公式ページ】住所(PIN)確認の概要

PINに関しては、さほどイレギュラーなことはないので、トラブル内容はこちらにすべて記載されています。PINの送信が失敗した場合や、郵送物が自宅に届かない場合は、管理画面の住所を修正し、PINの再送信を管理画面から行えばOKです。

日本国内であれば、きちんと届くと思います。再送信に関しては、こちらにまとまっています。

【公式ページ】PINに関する問題

ここにないもので多いのは、申込者が海外在住というケースです。海外在住の場合、最初の申し込みの際に、基準となる国を日本に設定してしまうと、厄介なことになります。現地の銀行で収益を受け取るためにも、現地の国で申し込みをされたほうがスマートです。

[highlight color=”yellow”]シンガポールなどのアジア圏は、あとあと国の変更ができない[/highlight]というのが理由です。お住まいの国を「日本」として作成したAdsenseアカウントをキャンセルして、その指定した国に新規アカウントを取得し直さなければなりません。

【公式ページ】AdSense アカウントの国やお支払い先の住所を変更する

申し込み時にこのアナウンスがあるといいんですが…。もし上記まとめでもわからない場合は、フォーラムに直接お問い合わせしてみてください。

記事更新日:2016年5月4日