Adsense収益が成功して、会社を設立したという方も少なくありません。また、もともと個人でAdsenseを運営していて、会社でもAdsense収益を得ようと思われる方もいらっしゃるはずです。ビジネス用アカウントは、Adsenseの申請の際、3番目の画面で設定ができます。

adsensebusiness
※ クリック(タップ)で拡大できます。

さて、個人用アカウントを持っている場合、それをビジネス用(法人)アカウントに切り替えることも可能です。切り替える場合は、Adsenesヘルプの右上に「お問い合わせ」項目が出ていれば、変更することができます。

公式ヘルプページ
AdSense アカウントの種類を確認する

それ以外の手段は、一度アカウントをキャンセルして、取得しなおす、という手段しかありません。「お問い合わせ」とは、週20ドル現地相当額(日本円で約2,500円前後)を平均的に達成していると、以下の場所に存在しています。

adsense3
※ クリック(タップ)で拡大できます。

ここで、個人アカウントとビジネス用(法人)アカウントを二つもてるか? という話が出てくると思うのですが、株式会社SQOOL代表の加藤賢治さんの投稿が非常にわかりやすいので、ここにAdsenseフォーラムのリンクを掲載しておきます。

個人と法人で別のAdSenseアカウントが持てるかどうかについて

また、私の追記もありますが、問題点は同一住所であったら、重複エラーの可能性が出てくるという点です。これは夫婦別でAdsenseを申請したいというケースと類似しています。

[divider type=”line” margintop=”0″]

追記:

過去にご質問をいただいた中で、個人事業主がビジネス用アカウントとしてもてるか? という質問もあったのですが、個人事業主の社会的な属性といいますでしょうか? 個人事業主は単なる「個人」なので、個人アカウントのままで問題ありません。

参考までにですが、管理人も現在は個人事業主です。銀行振り込みは、屋号を使った通帳に振り込まれるようにしています。個人事業主でも、屋号つきの口座を持つことができますからね。

どのように確定申告でAdsense収益を報告しているか? 本来であれば、毎日収益額を記録して~という流れのほうがいいのですが、簡素化するため、月ごとに「売上高」として、Googleからこれだけの収益を今月得た、というふうに報告して確定申告用に税務計算しています。

また、法人がビジネス用アカウントを取得する際、一部の社員にすべて丸投げするようであれば、やらないほうがいいかと思います。会社経営に携わったことはないド素人の意見になるのですが、代表が確認できない状態となるのは、ちょっと怖いです。

記事更新日:2016年5月4日