Adsense広告を掲載の際には、このサイトも2つ配置していますが、「広告」「スポンサーリンク」と入れたほうがいいです。そして、それ以外のラベルを使ってはいけないことが記載されています。

一部、ポリシーページの抜粋となりますが、

誤解を招く見出しの下での広告配置

サイトのユーザーに誤解を与えないようにし、ユーザーがコンテンツと Google 広告を簡単に区別できるようにすることが大事です。AdSense のポリシーでは、「関連情報」や「関連リンク」といった誤解を招く見出しの下に広告を配置することは禁止されています。広告ラベルには、「広告」または「スポンサーリンク」のみを使用するようお願いいたします。それ以外のラベルは使用できません。

誤訳があったようで「スポンサードリンク」とされている方もいますが、この文言ですと完全一致の必要があるので、気づきましたら「スポンサーリンク」に書き換えたほうがいいでしょう。

Google Bloggerを使った場合や、WordpressのGoogle Adsense プラグインを使って挿入した場合は、ラベルが入らないのですね。公式のものを使っている場合は、特に無理に入れる必要はないと考えています。だったら、ラベルが入るような設計をしてくれ、ということですからね。

ラベルがあったら、クリック率が下がるような気もしますが、そんなことはないという経験則です。