Google Adsense 公式ヘルプフォーラムで回答している管理人です。Top Contributor という称号をいただき、毎日獅子奮迅でAdsenseに関するご質問に回答しております。

ときどき間違った回答もしてしまうこともありますが、月に100~200の回答をしているので、数件エラーが発生してしまうことを許してくださいませ。

2016年6月から7月にかけて、Adsenseの申し込みをしても不十分なコンテンツとして審査不可となったお話をよく聞きます。今日のブログ記事は、私見をまとめておこうかなと思いました。

[divider type=”line” margintop=”0″]

独自ドメインにしてください。

告知なく、急に独自ドメインでないと審査できないようになりました。無料ブログなどの申請は、現段階ですと無理です。申し込みの最初で「申込できません」と拒否されます。

お金を払うのが嫌だ、という方もいらっしゃるのですが、初期投資は絶対に必要です。ルールが元に戻って、無料ブログでも申請できるようになったとしても、無料ブログは無料ブログなりに制約があります。

ですので、収益化は難しいと思いますし、収益化できたとしても、独自ドメイン有料サービスのプラットフォーム(レンタルサーバなど)だったら、もっと収益化できると思うのです。

Adsenseを始めるのであれば、独自ドメインを取得しましょう。

※ 現在.comが申請できない問題がありますが、いずれは解消されると思っています。

[divider type=”line” margintop=”0″]

日記だけのコンテンツでは審査は通らない?

審査に通らないとご質問を受ける方の大多数が、日記だけのコンテンツです。

数記事だけアップしたようなもの、WordpressでStingerのテンプレートを入れただけのもの(アイキャッチがなくNoImageのままだったり)、自分だけしかわからないログだけのコンテンツなど、拝見させていただいた瞬間に、「あーむりだー」と感じてしまうことがとても多いです……。

日記は本当に駄目なのかな? と、管理人も疑問には思っています。かなりのボリュームがあるのに、審査が通らなかった方もいらっしゃいました。4コマ漫画などもあって、けっこうおもしろかったのですが……(もしかして別の要因があったのかなーと、いろいろ考えています)。

現段階では、単なる日記はコンテンツとして価値はない、と判断されているのかもしれません。

[divider type=”line” margintop=”0″]

辞書的なコンテンツでは審査は通らない?

コンテンツは十分にあるのですが、拝見すると、どこかのクラウドソーシングで、1件50円◎◎に関するテーマで記事を書いてください(30件)、というようなもので作成したコンテンツのように見えるものもありました。

制作者が書いたことは信じていますが、内容が内容でして、Google検索をしなくても知っている内容(一生懸命書いた方には失礼な話なのですが……)ばかり、というのもありました。

専門的な内容をまとめたコンテンツもあったのですが、そういう方はあと一歩、本を丸写ししたようなコンテンツではなく、オリジナルなカテゴリを作って、制作者の人柄がわかるようなサイトだったらいいのにな、というサイトはいくつも見てきました。

審査時には、役に立つコンテンツを並べるのではなく、自分を入れてみるといいと思っています。

[divider type=”line” margintop=”0″]

写真やリンクがあると不利になる?

ということをよく聞くのですが、これは嘘です。

そのため、文章だけのWebサイトがとても多い。上記が駄目なのは、まとめ系サイトのように、勝手に芸能人やアイドルなどの写真を使ったり、記事そのものを転載した1行だけ自分の意見を書いただけのコンテンツに仕上げたり、リンクに関しては、そのリンクを踏むとアダルトなサイトに移動したり、懸賞系サイトに移動したりと、そういったものがNGということです。

いまでは、ぱくたそさんや足成さん、写真ACさんなど、フリーに使える写真がたくさんあります。魅力的なタイトルを考えて、魅力的な写真と合わせて使えば、ユーザーも目をひくと思いますし、制作している自分自身も楽しくなって、より文章も進むと思うのですが……。

[divider type=”line” margintop=”0″]

サイト自体がポリシー違反の状態です。

アダルトなものは、まず通過しません。茶の間で家族みんながそのサイトを拝見して、チャンネルを変えたくなるようなコンテンツだとNGです。

また、ポリシーに触れそうなコンテンツで審査をされている方もいます。お酒や懸賞系に関しては多いです。管理人の意見としては、どうしてグレーゾーンのある分野で審査をするの? と思いました。それは取得後に審議する内容であって、審査中にそういったテーマでチャレンジしてほしくはないなと感じています。

落ちたら、文句がこぼれてしまう流れになるじゃないですか。どうして、どうして、どうして……と。審査通過というゴールをクリアするためには、自分のサイトテーマがポリシーに触れそうな場合、別のWebサイトを立ち上げて審査にチャレンジしたほうが安全ですし、近道です。

それでも嫌な場合は、i-mobileさんとかAmoadさんとかたくさんあるので、そちらを使えばいいのにとは思うのです。

[divider type=”line” margintop=”0″]

WIXの一部テンプレートが原因?

確証がないのですが、WIXを利用されている方で、審査に通った方は逆にいますか? いたらどんなサイトですか? と聞きたいです。一部のテンプレートでは、フレームのような読み込み形式になっていて、Adsense広告を貼っても、そのページにはJavascriptしかなくコンテンツがない、と見做されている可能性が高いものがありました。

テンプレートが原因である場合、テンプレートを変更すれば解決しそうな気もするのですが、そういう方に限って、がっちり作成されてしまっているケースが多かったです。

[divider type=”line” margintop=”0″]

と、私が対応した方たちの回答結果を偉そうにではありますが、まとめてみました。

Adsenseの審査に通過するためには、繰り返しになりますが、[highlight color=”yellow”]誰かが疑問に思ったことが解決できるWebサイトでないとならない[/highlight]、と思います。

管理人も自由にWebサイト運営をしておりますが、そういうサイトでないと、みんなに読んでもらえないです。Google Analyticsのページビュー数やサイト滞在時間が証拠ですね。

役に立ちそうなものと思うものをどんどん記述していくしかないようです。