Google Adsenseを運用されているのであれば、Google Chromeを使うといろいろ便利です。

Google Chromeの拡張機能に「Google Publisher Toolbar」を入れると、Adsense管理画面にアクセスしなくても、日々のAdsense収益を確認することができます。

→ こちらのChromeのストアにあります。

サイトの数値は、基本的に日々確認することが大事だと考えています。例えば、1日1,000円ずつ入ってくるサイトになってきたとします。けれども、1日300円になってしまったり、2,000円になったりと、出稿側の変動があったりすると「今日はおかしいな」というアンテナが働きます。

そういうときだけ、Adsense管理画面を見て、CPCやクリック率などを確認して、異常がないかどうかを確認しましょう。

管理人も、過去にエンゲージメント単価制のクリック率が以上数値となりまして、慌ててGoogleに報告をした思い出があります。

事前に報告ができれば、無効なクリックとして停止措置を食らう可能性も少なくなりますので、こういった拡張機能を使って、日頃よりサイトの健康状態を管理しておきましょう。

[divider type=”line” margintop=”0″]

また、このツールバーを入れておくメリットがもうひとつ。

自サイトの広告にバリアを貼ることができます。操作ミスによる自己クリックを回避することができるんですね。以下のように、広告がクリックできないよう薄いガードがなされます。

オーバーレイ

Adsenseにおいて、自己クリックはNGです。Webサイトの編集中は、誤クリックをしないよう気をつけましょう。