スプレッドシートは、自動的に「半角/全角」の数値データ入力を切り替えてはくれません。キーボードで「1」と入力したら、そのまま文字列データとして認識してしまいます。エクセルの自動変換に慣れてしまっていると、ここでもつまづいてしまうポイントですね。

もし、お使いのキーボードにテンキーがございましたら、スプレッドシートの数値はテンキーを利用してください。テンキーでの入力は、必ず半角数値のデータ入力となります。全角半角入力で戸惑うことなくスプレッドシートを使えれば、エクセルの機能に頼ることない、正確な入力ができるようになるでしょう。

数式バーの機能、数式の入力方法はエクセルと同じ

計算方法は、エクセルと共通しています。以下のシートで、数式バーを確認しましょう。

01

エクセルの「名前ボックス」がないため、セル番地は目視で確認するしかありませんが、この場合セル「B3」に「100」という数値データが入っています。単純に「100」という数値データが入っていることがわかるのが、数式バーです。

セルは結果しか確認できず、数式バーはセルの中身を確認することができる。これもエクセルと一緒ですね。それでは「100」と「200」を足し算していきましょう。計算式はイコールではじまる、というルールも同一です。

02

それぞれのセルをマウスクリックで取得する、セル参照という操作方法も、エクセルと変わらず。ですので、ここは問題ないかと思います。

問題はというと……関数の利用なのですね。

スプレッドシートのオートSUM(さむ)ボタン

エクセルでも「オートSUMボタン」はあります。

このボタンは、自動的に総和を求めるためのSUM関数を呼び出してくれるほか、平均を求めるAVERAGE関数、数値データの個数を数えてくれるCOUNT関数、最大値を求めてくれるMAX関数、最小値を求めてくれるMIN関数を扱うことが可能です。

オートSUMボタンを使ってみましょう。以下、3つの総和を求める際、オートSUMボタンの機能を使います。エクセルでは、引数(計算する範囲)を自動取得してくれるのですが、スプレッドシートの場合には、まったく取得してくれません。つまり、ボタンを押したあと、自分で範囲取りをしなければならない、ということです。

03

3つの数値データが記載されたセルを選択して……

04

Enterキーで確定します。

05

他の関数も、同様に操作が可能です。

ですが、スプレッドシートで自動的に利用できる関数は、この5つしかありません。文字列操作関数やその他の統計に必要な関数、そして条件分岐をするためのIF関数などは、自力で入力しないといけない、というデメリットがあります。

文字列は自動的にダブルコーテーションを降ってくれる、入力間違いがあったら、確定前にエラーを教えてくれる、そんなエクセルの引数ダイアログボックスが、なんと素晴らしいツールに思えることでしょう!

エクセルができないとスプレッドシートができない、という理由はここにと考えています。ひとまず、こちらのレッスンページでは、ここまでのことを把握できていれば問題ないでしょう。関数についての詳しいことや、実務的なことは、またあとのレッスンページで記載していこうと思います。

さえちゃんのひとこと

さえちゃんさえちゃん

スプレッドシートが扱いづらい! という人ほど、エクセルの基本的な操作ができていないと思います。共通している機能は多いので、是非自分の癖を改めてみてくださいね!