2016年11月現在、スプレッドシートの画面はこのようになっております。

01

エクセルとは違い、定期的に強制アップデートとなるため、画面が変更した際には、こちらの記事も随時上書き更新をしていきます。

また、こちらのWebアカデミーでは、エクセルを一通り操作したことがある、という前提での記述となります。

セルとは何か? オートフィルとは何か? といった初心者向けの内容は、100Excelにて、エクセルの基本操作を勉強いただければ幸いです。

全体像を把握しよう!

大事なのは、以下の5ポイント。

  • 初期設定では1,000行・26(Z)列までしかない。
  • シート枚数を含め、1ファイルでは200万セルを超えることができない。
  • 自動的に保存されるので、上書き保存の必要はない。
  • 保存先はGoogleドライブであり、ローカル(自分のPC)ではない。
  • 同時して共有作業できる人数は、50人まで。

まず、ここをしっかり把握しておきましょう。ひとつひとつ説明していきますね。

初期設定では1,000行・26(Z)列までしかない

エクセルファイルを開くと、初期設定でさえ100万以上もの行が存在していますが、スプレッドシートを新規に開くと行数は1,000行まで、列数は26列までしかありません。

それ以上追加したい場合は、独自で追加する必要があります。

200万セルルール

1回の操作で追加できる最大行数は、40,000行まで。

02

200万セルまで追加できるということですから、列数は増やさないとすると、76,923行まで追加できるということになり、それ以上追加しようとするエラーになります。

03

76,923×26=1,999,998 セルということですね。

列数を増やす場合は、その分追加できる行数も当然減り、シートを1枚追加した際にも、そのシート分のセル数を含むため追加できる行列数は減少します。

膨大なデータを取り扱う業種の方は、ここをしっかり把握しておきましょう。

スプレッドシートは自動保存

エクセルでは「上書き保存」をすることで作業中のデータが保存されましたが、スプレッドシートではオンライン上での作業なので、作業をするたびに自動保存をしてくれます。

ですので、パソコンが壊れてしまってデータが消えてしまった! という心配もありません。

また、エクセル2007以降のバージョンですと、元に戻す動作は100手順までですが、スプレッドシートの場合は、作業中のタイミングであれば、作業開始時まで戻ることが可能です。

ページを離脱したり、ブラウザの更新ボタンを押してしまうと、作業状態を元に戻せなくなってしまうので、その点では注意が必要となります。

※ トリガー実行時間に制限があるので、通常のGoogleアカウントで操作するスプレッドシートでは、60分前の操作に戻ることが限界かなと思うのですが、その操作は現実的ではないので作業開始時まで、と記載します。

保存先はGoogleドライブであり、ローカルではない

項目として挙げましたが、こちらの説明は不要と判断しましたので割愛します。

同時して共有作業できる人数は、50人まで

スプレッドシートには「共有」という機能が魅力的です。

エクセルですと、一人のパソコンに一人までしか作業できないのですが、スプレッドシートはファイルを共有することによって(あとのレッスンで操作方法を説明します)、同時にひとつのスプレッドシートを操作することが可能です。

04

以上が、スプレッドシートの全体像となります。

エクセルとの差異を学ぶことで、エクセルで便利な部分はエクセルで処理を行い、スプレッドシートで便利な部分はスプレッドシートで処理を行う。

二刀流になれば、きっと皆さんのビジネスも加速すると考えています!

さえちゃんのひとこと

さえちゃんさえちゃん

20人一気にアクセスして、ひとつのシートを完成する業務を体験しました。セルの奪い合いでエキサイティングでしたよ。共有限界人数を調べたら、50人までという制限があるということを知りました。