シート上でマウスクリックをすると、アクティブセルが動きます。アクティブセルがセル番地を取得して、そのセルにデータが入力できます。

アクティブセルの右下に、小さな四角があります。これを「フィルハンドル」と呼び、このフィルハンドルをドラッグすると、オートフィルという操作が可能です。ずらりとエクセル用語が連なりましたが、スプレッドシートでも同様の呼び方で問題はありません。

01

赤い四角がフィルハンドルですね。結論から話しますと、エクセルよりもスプレッドシートのオートフィル機能は不便です。ここでは、オートフィル操作について確認していきましょう。

オートフィル操作は実に簡素的です

エクセルでは、セルに「子」と入力し、そのデータをオートフィル操作で送ると、十二支の連続データが表示されます。これは、エクセルのオプションにある「ユーザー設定のリスト」内において、初期設定で登録されているから、そのような動作をするわけです。

スプレッドシートには、そのような機能はありません。

オートフィル操作による、スプレッドシートで連続データとなるワードは、「月」または「月曜日」の曜日データ、「11/1」などの日付データ、時間データなどに限定されます。また、「第1」「データ1」のように、文字と数字に組み合わさったデータは、エクセル同様連続データが可能となります。

数字の「1」は、エクセル同様、1の次が2の増分値であることは認識できないため、「1」「1」「1」……と、単純なコピーとなります。

02

「2」「3」「4」「5」……と連続データをオートフィル操作で入力したい場合は、「1」と「2」と入力したセルの2つを選択し、その状態でオートフィル操作を開始する必要があります。

03

1と2の差を「増分値(ぞうぶんち)」といい、「2」を「0」にすると、この増分値は「-1」となり、以下のような結果となるわけです。

04

また、エクセル同様、以下の表の場合には、わざわざフィルハンドルをドラッグ操作せず、左側(または右側)の列が揃っていれば、ダブルクリックでオートフィルの結果を求めることができます。エクセルでもそうなのですが、この操作を知っている人、あまり少ないのですね。

05

この状態でフィルハンドルをダブルクリックすると……

06

ただし、11/3の箇所が空白セルの場合、ダブルクリックでオートフィルできる範囲は、11/2までとなります。便利な半面、制約があるといったところですね。

さえちゃんのひとこと

さえちゃんさえちゃん

スプレッドシートを勉強していくと、エクセルも勉強ができるようになります。もし知らない部分があったら、この際にまとめてエクセルも復習しておきましょう!