Googleスプレッドシートとは、Googleアカウントを取得すれば(Gmailを持ってさえいれば)、誰でも無料で使える表計算ソフトです。

個人または会社で「G-Suite」を採用して使っている方もいらっしゃることでしょう。

ただし、エクセルに慣れた方では「扱いづらい」という言葉をよく伺います。

その大きな理由として、現段階ではダイアログボックスがないためです。

また、エクセルはローカルでの操作であることに対して、スプレッドシートの作業スペースはオンライン上です。

Googleドライブやカレンダー・メールソフトにも幅広く連携できるため、グループウェアのように、利用用途が多岐に渡っています。

ある程度、表計算ソフトを取り扱ったことがあるレベルの人でないと、ハードルの高いアプリケーションソフトとして位置づいていることでしょう。

Transparentlyでは、エクセルの初級講座を説明するつもりで、Googleスプレッドシートの基礎スキルが学べるよう、Webアカデミーを展開しました。

エクセルとの違いや比較について、また実務レベルの内容も記載しておりますので、皆様のビジネスでご活用できれば幸いです。

スプレッドシートの基本編

No SpreadSheeet Webアカデミー
01 第一ステップ、スプレッドシートの全体像を把握しよう!
02 スプレッドシートのオートフィルについておさらいしよう!
03 スプレッドシートの数式バー、数式の入力方法と主要関数を確実に覚えよう!
04 スプレッドシートの書式設定方法について極めよう!
05 スプレッドシートでの表はどのような操作か、確認してみよう!(1)
06 スプレッドシートでの表はどのような操作か、確認してみよう!(2)
07 関数を手打ち入力できるように、基本的な関数は網羅しよう!
08 スプレッドシートでグラフを作成してみよう!
09 スプレッドシートでピボットテーブルを作成してみよう!
10 スプレッドシートでショートカットキーをマスターしよう!

スプレッドシートの実務編