excelseminar

2016年の新しい目標でもあります。Transparentlyとして、定期的なExcelミニ講座を開講したいなと思い、第1回目を開講いたしました。

講座の目的は、1ヶ月に1回はExcelスキルのメンテナンスをしましょう! というテーマです。がっつり指導というものでもなく、気軽なExcel講座になればなと考えております。各講座の参加も1回1,000円と低価格設定ですので、今回ご参加できなかった方、お気軽に次回も参加してみようかな? と思っていただき、お越しいただければ、管理人嬉しいです。

記念すべき第1回目の講座は、このような内容で行わせていただきました。

[divider type=”line” margintop=”0″]

1時間目 Excelの画面説明!

18:00〜18:50

最初の50分は初級講座です。普段利用されているExcelの操作画面を、改めて見つめ直してみようという内容でした。

全ての製品においてのことですが、アプリケーションソフトは画面、ボタン配列等、制作者が操作性を追い求めた結果となっております。初めて学ぶ方には、どんなソフトでも50分ほど使って、まず画面説明を行います。

独学で勉強された方は、機能やボタンを知っているけど、考えたことがなかったという方が大多数です。

車の運転が苦手な人は、どこに何のスイッチが運転席にあるのか、熟知していない人が多い(管理人がそうでした)。それと同じで、Excelが苦手な人は、どこにどんなボタンがどういう意図であるのか知らないです。

講座ではExcel2013をメインに説明しましたが、タブがあって、リボンがあって、リボンはグループで区切られ、ここに登場していないボタンは、ダイアログボックス起動ボタンの中に全ての機能が詰まっている、という流れでご説明いたしました。

ホーム→挿入→ページレイアウトと並んでいるのは、表にデータを入れ、グラフなどで装飾し、出力するという一連の作業手順を想定しているため、この配列となっております。

画面タッチができるExcelでは「タッチ」タブなどがありますが、それも作業手順を考慮して入っています。第1回のExcelリフレッシュセミナーということもあり、管理人のExcel初級講座で取り扱う最初の講座を展開させていただきました。

2時間目 ショートカットキー講座!

19:00〜19:50

次の50分は、中級編です。作業スピードをすこしでも上げるためには、ショートカットキーをいかに使いこなすか? ということが重要となります。

本来、ショートカットキーのご紹介は講座を一通り終わってから覚える、といった指導になるのですが、リフレッシュセミナーの参加者様は、ある程度Excelを使ったことがあるので、ここでご紹介させていただきました。

講座で紹介した10パターンのショートカットキーですね。

シートを切り替える「Ctrl+PgUpまたはPgDw」
基本操作でもある「Ctrl+Z X C V」
検索・置換で使われる「Ctrl+FとH」
保存に便利な「Ctrl+S」と「F12」(名前をつけて保存)
ファイル操作関係の「Ctrl+O、P、N」。
セルの書式設定「Ctrl+1」と一緒に「Ctrl+ 「+」と「:」」
セルに文章を書いているときに便利な「Ctrl+Delete」
押すと厄介な「Shift+英語キー」「Numlk」「Ctrl+↓」「Ctrl+6」

テンキーとキーボードの数字キーの動作の違いも合わせてご説明させていただきました。

日頃、どうしてもマウス操作でやりがちなのですが、最初のショートカットキーはゆっくりで構いません。次第に慣れていくので、慣れてくれば、きっとマウス操作での操作がバカバカしくなってきます。そうなったら、Excel操作もまた一歩進化できたということでしょう。

3時間目 関数ざっくざく!

20:00〜20:50

本日ご紹介した関数は、4つのジャンルで教えました。

ケース1 SUM関数と引数が一緒の関数

AVERAGE AVERAGEA COUNT COUNTA COUNTBLANK MAX MIN PRODUCT

ケース2 文字列操作関数

LEFT RIGHT MID FIND LEN UPPER LOWER PROPER ASC JIS PHONETIC

ケース3 引数が必要ない関数

TODAY NOW RAND ROW COLUMN

ケース4 専門的な関数は個別に

VLOOKUP HLOOKUP IFERROR IF

講座ではケース2までの紹介となりましたが、いかがでしたでしょうか?

ひとつの関数が理解できると、似た関数が一気に覚えられるんですね。ビジネスで必要な関数はだいたい50個前後でしょう。あとは組み合わせとなりますので、関数はさっさと記憶してしまい、実務でどう使うか? を考えていくのが大事になります。

Excelリフレッシュセミナーでは、このようにしっかりと道具を整備するという目的で今後も行っていきます。次回は2016年2月20日となります。皆様のご応募お待ちしております!

[actionbutton link=”https://www.transparently.jp/web-academy/seminar20160220/”] 第2回講座記録[/actionbutton]