それでは残り50個を列挙します♪ 51個目から。


  • 記憶力が必要なゲームもあります。できなかったら、メモで記録しておきましょう。
  • ルート3は「1,732」とか、円周率は「3.141592」とか。そんな雑学必要です。
  • Xマークは、クロスさせる、という意味があったりします。
  • バラバラの文字を組み立てて、1つの言葉にするスキルが必要かもです。
  • 時計は1分間に6度の角度で動きます。
  • 逆さまにしてみましょう。
  • 振ってみましょう。
  • タッチし続けてみましょう。
  • スマートフォンの場合、2本指、3本指の指定もあります。
  • デジタル時計の点灯部分が逆な場合もあります。

60個ですね。

  • 規則性を問いている問題でないときもあります。
  • 五十音表で上下左右に言葉を移動させると暗号が解けることもあります。
  • やってはいけない、と書かれていることをやってはいけません。
  • ギリシア数字I, V, X, L, C, D, M は覚えておきましょう。
  • 一筆書きは、奇点から始めて奇点で終わります。
  • 不可思議な文字に鏡を置くと読める場合もあります。
  • 右か左か迷うときは、左を選びましょう。
  • ホームボタンでゲームを一度終了し、再開すると現れるアイテムもあります。
  • 3と5と8をぱっと見たとき、数字を意外と間違えます。
  • 言葉を入れたら、さらに入れ替えることも忘れないでください。

70個ですね。

  • 直感が全てです。
  • 何かひとつ見つからないときは、一度休んだほうがいいかもしれません。
  • 暗いところも、確認を見逃さないでください。
  • パンフレットやロゴにヒントがあるかもしれません。
  • ト音記号の音符は覚えておきましょう。
  • 明らかに怪しい箇所には、実は何もないケースが多いです。
  • ときには小学校でやったことを思い出してみてください。
  • 植物の高さでさえ、ヒントになります。
  • チェスのコマを知っておくといいかもしれません。
  • 同様に、チェスのコマの動きを知っておくといいかもしれません。

80個です。そう、チェスの問題が出ると、ちょっと困るんだよね。

  • 脱出扉からは脱出しないケースもあります。
  • 目の前が見えなくなる場合には、必ず操作前に位置を確認しましょう。
  • 魚編の漢字はできる限り把握しておくといいかもです。
  • 1円から500円玉までの大きさを把握しておくといいかもです。
  • 1ドル札の図柄を調べてみると面白いかもです。
  • 直角三角形の比率は3:4:5でした。
  • 汚れに着目してください。
  • ごちゃごちゃなところは、手当たり次第探すしかないです。
  • チームでやる場合は、必ず相談しましょう。
  • 失敗すると永久に出られない脱出ゲームは慎重に……。

あと10個。重複してないかな。心配だな……。

  • コインはドライバーの代役もします。
  • 暗号が出てきたら、とりあえず書き留めましょう。
  • 暗号と暗号が実は対で、2つを解く鍵の場合もあります。
  • 折り紙の心得があるといいかもです。
  • 単語がわざと間違えている場合もあります。
  • 有名なカクテルの名前は覚えておいたほうがいいかもです。
  • 写真の日付は大いに暗号の可能性があります。
  • リアル脱出ゲームでは喧嘩をしないようにしましょう。
  • バグがない限り、脱出不能になることはありません。
  • 脱出ゲーム終了後に、何かメッセージが隠れているかもしれません。

という感じで、ざっくばらんに記載してみました。重複しているところもあるかもしれませんが、まあいいとしましょうw

参考になるものがひとつでもあれば幸いです♪