Lesson 002の動画になります。

[divider type=”line” margintop=”10″]

※ アップデートされてしまったので、後日作り直します。

[divider type=”line” margintop=”10″]

[highlight color=”yellow”]文字起こし(20150930_LastUpdate)[/highlight]

Lesson002 では、何セルあるか確認してみましょう。

Excel2007以降、一枚のシートにセルは16,384列、1,048,576行あります。セルの数は、16,384×1,048,576となるので、もう数えるのも面倒なほど膨大な数になりますね。

Googleスプレッドシートの場合、初期設定では26列×1,000行となっております。ショートカットキーとなる「Ctrl(Command)」+↓で操作すると、行は1000行でストップしますね。

sp02_1

列はZ列(26列)でストップです。

sp02_2

行も列も追加していくことが可能なのですが、じゃあどこまでできるの? ということです。答えから説明すると、2015年9月30日現在では、1つのワークブック(ファイル)内に2,000,000のセルしか置くことができません。

なので、行を追加してみると、行は40,000行までしか1度に追加できないので……

sp02_3

2回作業して76,923行まで入れてみます。76,923×26=1,999,998ですね。

sp02_4

これで1行たりとも追加ができません。また、セルの数はシートの枚数でも合算されるため、シートの追加もできなくなります。

sp02_5

Excelに比べると少ないです。

ローデータをサーバーから取り込んで~という業務があると、これだけでは足りないような気もしますが……ひとまずセル数の限界値が2,000,000のセルだよ! と把握しておきましょう。

[actionbutton color=”#239DD9″ link=”../lesson001″]前のレッスンへ[/actionbutton] [actionbutton color=”#9dc23d” link=”../lesson003″]次のレッスンへ[/actionbutton]