お客様には素敵なベッドを

販売元 Bribser さんの脱出ゲーム「Guest Room」です。美しいグラフィックで作成された3部屋で構成されている脱出ゲームです。ボリュームもあり、何度もプレイしたくなります。

2015年11月にリリースされたGuestRoom、脱出ゲーム初心者でも、落ち着いて考えればサクサククリアできる脱出ゲームです。一気にクリアしようとはせず、ゆっくりプレイされてみてください。

[divider type=”line” margintop=”0″]

Guest Room

Guestroom

難易度 ☆☆☆★★
準備アイテム 記憶だけで大丈夫です。
ひとこと感想 最後は手元をよく確認!

[actionbutton link=”https://geo.itunes.apple.com/jp/app/tuo-chugemu-guest-room/id1042959927?mt=8&at=11l8n3″] App Store [/actionbutton] [actionbutton link=”https://play.google.com/store/apps/details?id=jp.co.bribser.escapeGuestRoom”] Google Play [/actionbutton]

[divider type=”line” margintop=”20″]

それではテキスト解答です。

※ ノーマルモードのみの解答となります。

  • まず、ベッドサイド枕元の棚を3ヶ所確認しましょう。それぞれ△ブロックが確認できるかと思います。黒い点は、順番を示しているので、△ブロックをしっかり確認しておきましょう。菱型、砂時計、△2つと記憶しておくといいです。
  • 部屋の左側手前を拡大し、箱を見つけます。ここに先ほど確認したマークに合わせましょう。左からの順番ですと、菱型、△2つ、砂時計となりますね。中から「マイナスドライバー」が取得できました。
  • 最初の画面に戻り、突き当りの壁のパネルの色を確認してください。明かりがついているマスが、左から「23014」となっています。
    左側の棚、「253」と確認できましたら、3の棚をズームアップします。ここに25個のボタンがありますので、先ほどの壁と合わせてください。中から「プラスドライバー」が出てきました。
  • 床板を「マイナス・プラスドライバー」で外します。床下から「穴空きパネル」を取得してください。
  • 丸テーブルを拡大しましょう。円形の座椅子に「赤橙緑青」が確認できます。左奥の壁にボタンがありますので、その順番に押しましょう。
  • テーブル上のタブレットを確認し、ここに先ほどの棚の番号「253」と入力しましょう。アルファベットが出てきました。床下から取得した「穴あきパネル」を置きます。B、K、M、Pと確認します。各ラインも覚えておく必要があるのですが、KとMの2重線の向きをしっかり覚えておきましょう。
  • 253、2の棚の下にボックスがあります。上はラインの位置から「P」「B」となります。「K」と「M」が下2つ。中から「赤いカードキー」を取得することができました。
  • これで最初の部屋はクリアとなります。

[divider type=”line” margintop=”0″]

  • 画面右側にソファーがあります。ソファーの上に「穴空きパネル」があります。
  • 2階に上がり、4つの額を確認しましょう。青緑茶黒、ひとまずこのカラーを覚えたら、「穴あきパネル」を置いてください。LRRLと見えましたね。また、N字の逆のように描かれた矢印も確認しておきましょう。
  • 2階手前のテーブルに移動します。テーブル上の箱を、先ほどの色の順番に押します。中から「USB」が取得できました。
  • 奥のテーブルに移動しましょう。こちらは「左右右左」とボタンを押します。すると1階のマシンが作動しましたね。
  • 1階に戻りましょう。N字の逆に描かれた矢印は、どうも階段下りた画面の図形を表していますね。
  • 2階、最初の画面の右奥の棚に移動します。一番右側の装置に「USB」を差し込みます。起動後、三角、◯、一時停止、□ボタンの順番に押しましょう。ライトが照らされました。規則性に従って□を求めてみると「1953」という数字になりそうです。
  • 中央、背の低い棚の上の箱を確認します。ここに「1953」と入力してください。箱の中からボタンが出てきました。
  • 1階ソファーに移動します。ソファー上のテーブルに音符の入った装置がありますので「DRMFSRSD」と指定してください。ドレミファソラシドですね。中から「緑色のカードキー」を取得することができました。
  • 2階のリーダーに通して、3番目の部屋に進みましょう。

[divider type=”line” margintop=”0″]

  • 1番目の部屋と同じタイプですね。まず、中央ベッド右側の棚上を確認します。こういう図形の場合、9時1時3時7時と覚えるといいです。
  • 壁側、左側の棚に移動します。右下の棚には「口紅の絵」がありました。また、先ほどの高さと照らし合わせながら「9時3時1時7時」の位置に揃えましょう。中から「ピアノの絵」が出てきました。
  • 奥の棚に移動します。ここには「スマートフォンの絵」がありました。また、貼ってあるヒントの絵を確認しましょう。
  • 中央ベッドの足元にメモがあります。先ほどのヒントと照らし合わせると、「赤J青K黄D」になりますね。ベッド奥右側の棚に置かれたボックスはそのようになります。
  • 中から「眼鏡の絵」と「あみだくじパネル」を取得しましょう。
  • 壁の×、−に注目します。かける=「スマートフォン」「眼鏡」、ひく=「ピアノ」「口紅」となります。すると下の装置が作動しますので、部屋の中にあった五輪カラーを左から順にたどりましょう。「赤青緑黒黄」となります。壁に模様が出てきましたね。
  • 出てきた模様に「あみだくじパネル」を置きます。ここは記憶勝負です。下左下右◯上と記憶したら、一番ベッド右側の棚にある装置にそれを入力しましょう。中から「黄色のカードキー」を取得することができました。
  • 2番目の部屋に戻り、出口に向かいます。
  • 脱出扉用のリーダーに黄色いカードキーを通すと、3つの番号が入力できます。
  • カードキーをタップして、それぞれ斜めの状態を垂直にしましょう。「701」とアイテム欄で確認できれば、脱出成功です。

あみだくじをしっかり記憶できたあなたは、かなりの強者です!

[divider type=”line” margintop=”0″]

美しいグラフィックの脱出ゲームは、いつプレイしても楽しいものです。ゲストルームというタイトルですので、こういう部屋に呼ばれて、パーティーとかやってみたいものですね。

管理人、うっかり最後の解除コードに苦戦してしまいましたが、皆さんは無事に「701」を見つけることができましたか? 次作の予定はなさそうなのですが、次なる脱出ゲームも楽しみですね!