ガラガラはゆっくり回しましょう。

販売元 Yusuke Matsumura さんの脱出ゲーム「ガラガラのある部屋」です。「PigRoom」に続き2作目ですが、とてもセンスのいい、管理人の大好きな脱出ゲームです。前作同様、シンプルな短編脱出ゲームですね。

扉の取っ手が最初からないのですが、その取っ手が最後どれになるのか? 脱出ゲーム好きの皆さんだったら、あたりはつけられますね ♪

[divider type=”line” margintop=”0″]

ガラガラのある部屋

garagara

難易度 ☆★★★★
準備アイテム 記憶だけで大丈夫です。
ひとこと感想 信号の配色、青は左だよ。

[actionbutton link=”https://geo.itunes.apple.com/jp/app/tuo-chugemu-garagaranoaru/id1054278557?mt=8&at=11l8n3″] App Store [/actionbutton]

[divider type=”line” margintop=”20″]

それではテキスト解答です。

  • ライトを見つけましょう。コンセントを抜いて、「電球」を取得してください。
  • 次に脱出扉の隣にある植木鉢を持ち上げると、引き出しの「鍵」が入っています。
  • この鍵で引き出しを開きましょう。中から「がま口」があります。アイテム欄より調べると「コイン」が出てきました。
  • 3本のワインボトルを確認します。ラベルは1972、1934,1998ですね。また、コルクを上から見下ろしてみましょう。3時、1時、6時です。
  • ガラガラの台に移動します。左側のドーナツ型コルクに電球を入れます。コルクの回転矢印に従って、右に3時、左に1時まで、右にぐるっと6時まで動かしてください。ガラガラが動きました。
  • ガラガラの裏から「紫球、青球、白球」の3つを取得しましょう。
  • 取得後、今度は電球を6時、1時、3時の順番かと思ったのですが、途中で回転してしまいました……。ガラガラが正面を向きました。
  • 次に、コインを入れます。コインを入れたら、ガラガラ回してみましょう。「赤球」が出てきました。
  • さて、ワインのラベルで時刻になるのは「1934」のみです。机の時計に「1934」と入力しましょう。時計から磁石を取得できます。
  • 磁石を植木鉢の双葉に使用します。すると土が持ち上がって「黄球」が取得できました。
  • 最後はSIGNALと記載されたスーツケースに、左から「青球」「黄球」「赤球」を入れて、「スパナ」を取得できます。
  • ガラガラの取っ手を「スパナ」で外し、「ドアノブ」を取得します。これで脱出しましょう。

瓶のラベルの数字をぱたとみて、「1934」が怪しいと思ったあなたは脱出エキスパートです♪

[divider type=”line” margintop=”0″]

楽しかった。これぐらいのボリュームであれば、おふとんの中で楽しくプレイすることが可能です。難易度を追い求める脱出ゲームも、それはそれは頭に刺激をあたえるのにはいいのですが、優しい脱出ゲームというのが最近少ないのかなとも思ったり。

扉を開いた瞬間の光がいいですよね! 開発者様、ありがとうございます!