今日は1日フリータイムが多かったので、みなみけ12巻を書店で見つけて買ってきました。

みなみけの漫画と出会ったのは、2008年の冬か。思い出すな。初回版ではフィギュアがあったようですね。あったら買おうかなと思ったけど ^^; 最近は漫画・アニメと疎遠になってしまい、あれほど声優さんの情報をいち早くチェックしていたのに、GoogleReaderのサービス終了を機会に、いまではRSSリーダーすら使わなくなり……。

移り変わりというものは、いつでも虚しいものです。

Amazon Store

過去の話

忘れもしない2008年の冬 −- すこし管理人の話になります。

某大学のサーバ管理業務にあたっていました。朝は早くて夜は遅い、通勤2時間です。未経験者採用だったから(そんなところを選んだ自分が悪かったのだが……)、ActiveDirectoryからはじまり、192.168というネットワークのクラス、DHCPとかちんぷんかんぷんで、VMWareってなんですか?? 仮想化ってなんですか?? WindowsServer2003の画面ならまだ見慣れているものの、DeamonやRedHut、Tomcatの操作に苦しんでいました。CISCOとかBarracudaとかTeraStationとかわけわからん製品に囲まれ、管理コンソール画面でエンターキー1つ押すのもビビってました。

「VPSも知らないんですか?」
「RAIDも知らないんですか?」
「DMZも知らないんですか?」
「TeraStationって普通に売ってるじゃないですか?」
「ハブとルーターの違いぐらいわかるでしょう?」

派遣社員にはナメられ、ラベンダーの香りを振りまくアルバイトのおばさんには陰口叩かれ、上司はすぐに説教するし(知識が足りないのは申し訳ないと思うけど、サーバ室奥の小部屋ではじまると3時間は長くね?w)、本当にしんどくてしんどくて、精神的にもおかしくなってきた頃がありました。

休みの日まで上司の声が聞こえて、ヘッドフォンを買って、音量最大で聞いていたんです。

遊ぶ時間がないから土曜日の夜はバーに行って、吐くまで飲んで、ゆえに日曜日は1日動けず。土日連休というのがあまりなかった。酒を飲む以外に楽しいことがなかったようです。おかげさま、あの経験がいまの糧となっております。Windows Vista機を1人で700台近く学校仕様にインストールした経験値は、フリーランスとしてのレベルアップに繋がりました。

京王線に飛び込まなかっただけ、よしとしましょう。

職場のことを忘れる時間

そんな人生背景があった中でのみなみけ。

平凡な日常をたんたんと描く物語。ここに安らぎに満ちた破壊力があったのですね。既にアニメ化となっていたので、土曜日に酒を飲みながらアニメを観るというのが、最高の「くつろぎ」となりました。

職場のことを考えなくてもいい時間

管理人が欲しかった時間。有給休暇もらって旅行に行っても、上司の声が耳から離れない。派遣社員の顔が目に浮かび、友達と話すときも仕事の愚痴しか出てこなくなり。愚痴を言えばいうほど仕事のことで頭がいっぱい、どんどん悪循環へ。

それを断ち切ってくれた漫画だったのです。

経験値上昇中♪を聴いて、夏奈と千秋のツッコミ合いを見ながらにたにたとする時間。みなみけラジオも制覇し、キャラソンも全部ipodに入れて、桜場コハル大先生の本を読みあさり、声優陣のブログをチェックして、イベント情報もいち早くゲットするという、ブロガー並のレベルにまで到達しました。

ストレスを受ける仕事がある=そのことを忘れるために熱中する。そんな心理的方程式があったのかもしれません。ゆえに、いまは<ストレスを受ける仕事>という概念がないため、12巻を購入するついでに11巻も確か買ってなかったな……と購入して帰宅してみたら、本棚に11巻があったという事態を招いてしまったのでしょう^^;

IMG_1813.JPG

買ってなかったのは10巻でした (T_T) 酔っ払って11巻買ったのかな……。

みなみけ最高!

と、当時はあれだけ春香に萌えたものの、あのときほどの一方的情熱感はないのですが、また読んでみると春香姉さまはなんとも魅力的でございます。そういえば、佐藤利奈さんのあの空ラジオはやっているのかな? と、調べてみたら2014年3月末358回目で終わっていました(;_;) 最後に声を聴いたのは、N’sのライブのときか。

今期はなんのアニメやるのかな? 管理人と同学年なので応援しております。

みなみけ、おかわり、おかえり、ただいまと続きましたね。OVAではべつばら、おまたせとかあったけど、おやすみというタイトルがつくまでやると信じている管理人でした。

桜場コハル先生、癒やしをありがとうございます。これからも引き続きみなみけの淡々とした日常を描いてください♪ 過度な期待はせずに、書店で待ち望んでいます。