iphone5sをiOS8にアップデートしてみました。

iOS8にアップデートするためには、「設定」→「一般」→「ソフトウェアアップデート」から行いましたが、5.8GBの空き容量がないと駄目ですよ! という表記がありました。手持ちのiphone5sは32GBで、既に28GBほど使用しておりました。

できないじゃん……。

というのが最初の感想で、そして気づいたら28GBも詰め込んでいたのね……という残念な気分になりました。ケチらずに64GBを購入しておけばよかったなぁ、と思う次第です。

もうプレイしないであろう脱出ゲームを削除しまくって、不要な写真も300枚ぐらい削除しました。さらには不要なSPメールも削除して……とにかく空き容量を増やすことに徹底しました。結果、空き容量を8GBまで押し開けることができたので、えいや! とバックアップも取らずに、ソフトウェアアップデートをしてみました。

WordPressのアップデートのときのように、えいや! と。特攻してしまうところがいけない癖です。めんどくさがり屋なもので……さて、最大級のアップデートということでしたが……。


iCloudの設定やら、インストールした付属のアプリの同意書などなど、細々としたものを設定します。アップデート後の画面。なんら変わりないです。間違い探しLEVEL100ぐらい。iOS7のときのキャプチャを撮っておけばよかったとちょっとだけ後悔しております。

IMG_1837.PNG
IMG_1835.PNG

付属してダウンロードされたのは、この6つのアプリ。

IMG_1833.PNG
IMG_1832.PNG

keynoteやらpageやらが導入されています。1アプリの容量が200MB以上もあるので、こいつが時間のかかった原因なのかな? と思いながら……果たしてiphone5sの4インチサイズで使うのだろうか? いや、使わないという結論にすぐ至り、すぐにアンインストールしました。

それはMacで作業するわ。

iphone6ではNFC機能が搭載された、パフォーマンスが上がった、Safari強化、カメラ機能アップ、Siriさんもパワーアップ! という情報はありますが、何かこう革新的な進化はないものかなーと思っています。「Hand-off」という機能がありますが、これなんだろ??

iphone5sを購入して、そろそろ1年目。まだバッテリー関係にトラブルもなく、何度か落としてしまいましたが、レザーケースのおかげで液晶面が割れることもなく、無事に利用できています。1年前の購入決断は間違いなかった。iphone5sのおかげで、かなり仕事がはかどり、8万円ぐらいだったかな? きちんと回収できたかと思います。

iphone6は回収できそうになさそうで……。なんだかココイチで特にオーダーしなくてもいいトッピングが追加されただけの気分で、ライトユーザーには買い換える必要あんまないのかなーと……。

あっ、iphone5sにiOS8をインストールして、特に困ったことはないですね。Siriにお話してよ、と尋ねたら「前にもしましたよ」と答えられたぐらい。Facebookのアプリが落ちやすくなったけど、まあ最初だけかな? 脱出ゲームだけできればそれでよし!(笑)

アプリ制作者も大変だよ。これだけ画像サイズが異なるんだから。

ついこの前までiOS5とか6だった気がするのですが、こういったバージョンアップがガンガンされることで、旧器材はどんどん使えなくなっていきます。手持ちのiOS6で更新が止まったipod touchは、既に廃品と言ってもいいかもしれません。まだまだ使えるのにな……。

Microsoft製品もそうだけど、Windows7、8、8.1とバージョンアップが続きます。細かいところでどんどん変更がなされ、なんかもうコンピュータに苦手な人たちをどんどん振り落としているような気がしてなりません。Windows8の登場によって、インストラクターの余計な仕事が2倍に増えた、といっても過言ではないです。

それくらい知らない人が覚えること、知ることが多くなったということです。

どうしても新製品販売のニュースが加熱すると、自分も乗り遅れないように購入しなきゃ! という気になってしまうのですが、自分の仕事に合わせて、必要なときに必要な新製品を見極めて購入するよう心がけたいですね。