こんにちは。管理人(@yourchan)です。

当サイトはGoogleの提供している広告ネットワーク「Google Adsense」を利用して運営しています。今日はGoogleAdsense広告の配置や設定を最適化して、収益が+113%に至ったまでのまとめを記載していこうと思います。自分のためのメモとして、という意味もありますが、ブログで公開している以上、ご訪問者様の参考になれば幸いです。

(※ なお、この記事は2013年3月7日に執筆したものです。)


管理人、以下のイベント・セミナーに参加してきました。

◯ 2012年11月14日(水)から行われた
「GoogleAdsense部 決起集会 第一期」(毎週全4回)

◯ 2012年11月30日(金)Google本社で行われた
「GoogleAnalyticsセミナー」(1回)

◯ 2013年1月23日(水)から行われた
「GoogleAdsense部 決起集会 第二期」(毎週全4回)

こういったイベント・セミナーの情報を知ることができたのは、Google+のAdsenseコミュニティからです。Googleから発信されているアカウントを手当たり次第フォローしていたのが幸いでした。Analyticsセミナーは人気があり、募集が抽選形式だったため、行けないかな〜と思っていたところ当選し受講することができたので、まあ運がよかったですね。

※ 2期に渡るGoogle Adsense決起集会は、Google+ハングアウト上で行われました。


以下の内容1から5までは、Adsense収益化と呼べるに至った過程です。6から+113%に至った内容をまとめています。とにかく内容を閲覧されたい方は、2と6だけお読みください。

目次

1.Google Adsenseが楽しくなってきた!

2.GoogleAdsense部で、基礎知識を学ぶ

3.GoogleランチでテンションMAX!

4.それでも挫折あり

5.抽選で選ばれる

6.アドバイスを受けて、最適化を実施したこと

7.終わりに


1.Google Adsenseが楽しくなってきた!

脱出ゲームの攻略風に記載します。

  • 2012年3月に会社都合で失業する。2012年4月、就職活動中で空いた時間を使ってブログを再開、Adsenseの収益化を試みた。その際、利用していたWordpressテーマを有料版(賢威さん)にしてリスタート。
  • 仕事を探しながら、1日3〜5記事ぐらい書きはじめ、2012年6月、ひとつのブログ記事(※ 約180記事目)がヒット!2012年7月中旬、1000PV/1日が見えてきた。

気持ち悪くなるほど自分の書けるジャンルの記事を書きました。Wordpressも勉強し、とにかく本を読みあさり〜でした。2012年11月頃、当時収益が振り込まれる最低金額となる10,000円を超えたので、本当にお金が手に入るのか? GoogleAdsenseの知識は独学だったために不安なところがいっぱいでしたが、初めて「グーグルインク」宛てから現金が振り込まれたときは狂喜乱舞。手当たり次第、思いついた都度記事を入れていた日々が報われた気分でした。

ただ、この微々たる収入が失業保険給付期間中だったもので、どう申告すれば皆目検討もつきませんが、窓口でもネット収入に対する申告のマニュアルはなかったらしく、ひとまず職員の方の手続きを踏んで給付に影響することはありませんでした。数ヶ月で10000円でも収入は収入ですからね ^^; 仕事を探し、けれども履歴書は返されの日々は続きます。

三十路過ぎると、再就職ってやつはけっこう厳しい……。

まあ、それはさておき、10,000円の収益が上がったときに気づいたことがありました。ブログでAdsense収益化するには1000PV/1日は必要だということ。そのために、ジャンルを絞って、どんなタイトルで、どんな記事を書けばアクセスが伸びるのか? ってことがすこしわかるようになってきたんです。

ただ、それはまるで宝探し。とにかく記事を投下して、検索流入ポイントを見つけなきゃいけない。井戸水を作るために、地下水脈を探すような感じです。日記を書いてもしょうがない。私見をだらだら述べてもしょうがない。喉の渇きを潤すような情報でないとならない。こいつは水脈ならぬ金脈探しだ、と。

こんな思考の転換でGoogle Adsenseが楽しくなってきました。


2.GoogleAdsense部で基礎知識を学ぶ

楽しくなってきたところで、第一期GoogleAdsense決起集会がはじまりました。このタイミングが最高だったわけです。いままで独学だったために、また広告収益に関する知識を持つ知り合いもなく、いままでもやもやしていたところ、これでいいのかな? 大丈夫なのかな? という部分がクリアになっていきました。

1つのページに、

  • 広告ユニット3つ
  • リンクユニット3つ
  • 検索ユニット2つ

まで貼ることが可能。以下はノートに記載したメモです。

  • PV数×クリック率(CPR)×クリック単価(CPC)= 収益。
  • この3つを上げていくことで収益が増大する。
  • 全体として「RPM」というのが高ければいい。これが全て。
  • ファーストビュー(最初閲覧可能な表示画面内)には、必ず広告を配置。
  • 使用する広告ユニットは、大きな広告を選んで配置する。
  • 広告の種類は「テキスト/イメージ広告」にする。
  • 広告ユニットがテキスト広告の表示に備え、背景色をページの色と統一に。
  • Webサイト内、全てに広告を置く。ただし404エラーの画面やコンタクトフォーム送信後の画面などに広告配置はNG。
  • クリック単価を上げるため、広告のブロックはしない。
  • クリック単価を上げるため、カスタムチャネルで広告主にサイトをアピール。( ※ Adsense管理画面→広告の設定→カスタムチャネル)
  • モバイルには、1画面に1つの広告。重複してはならない。
  • モバイル広告は現在では「300×250」が最大。
  • ポリシーなどはヘルプセンターを利用する。
  • 見積もり収益額と、確定収益額の差=無効なクリックを極力減らす。多いとミスタップが多い。
  • AdsenseとAnalyticsを連携し、どのページが収益を上げているか分析し、その記事を大事にする。

GoogleAdsense決起集会で、以上のような基礎知識を学びました。第一期・第二期、全8回に渡って行われたGoogle+上のハングアウトオンエアで、これまでバラバラだった知識が整理されました。おおかた勉強したことは的を得ていたものの、注意すべき点が多かった。

※ ファーストビュー配置はスマートフォン版の場合、2014年11月現在ないほうがいいのでは? という議論もあります。ただ、管理人は現行のまま設けています。

一番勉強になったのが、Adsenseのカスタムチャネルの設定AdsenseとAnalyticsの連携、そしてAnalytics内のカスタムレポート設定方法です。Adsense広告がきちんと表示されているか、一番収益を上げている記事はどれか、アクセス数の一番多い曜日(時間帯)はどれか、など、細かくわかるようになりました。

カスタムチャネルの設定方法、より深い分析方法は長くなるので割愛します。

次のページへ →