Windows7には「スタートボタン」→「すべてのプログラム」の中に「スタートアップ」という場所があって、そこで自動的に立ち上がるプログラムをチェックできたのですが、Windows10になってから、スタートアップってどこやねん!? と、脱出ゲームの鍵探しのように探してしまいました。答えからいうと、その場所にはもうない!ということです。

どこにあったかというと、一番早く立ち上げる方法は、以下のとおり。

手順

タスクバーを右クリック→タスクマネージャーを開きます。

startup01

タスクマネージャーのスタートアップタブをクリック。ここにありました。

startup02

ここでスタートアップ時に動かしたくないプログラムが「有効」になっている場所を右クリックし、「無効化」にさせておけばOKです。

startup03

もうひとつ、隠しフォルダの中にもスタートアップフォルダがあったのですが、一部のプログラムはそこにショートカットアイコンが生成されないという点、また、隠しフォルダまで到達させるという仕様もおかしな話なので、今回はこちらの手段をおすすめします。

これ、初心者だとわからないよね。Windowsアクセサリの中でもいいから「スタートアップ」フォルダを作ってほしいなと思った管理人でした。