台風の雨は困りますが、9月の雨は夏の気温を一気に下げてくれます。管理人は秋産まれなので、この時期が一年の中で一番好きですね。

本日、Android版の脱出ゲームで「和っぽい部屋からの脱出」をプレイしました。かみさまからの意味深な発言からはじまる脱出ゲーム、最後の展開がほっこりするようでどこか物寂しい内容でしたので、思わずテキスト解答を作成してしまいました。

wappoi-1
wappoi-2

和っぽい部屋からの脱出の攻略・テキスト解答

  • 最初に扇子を取得します。最初の画面で取り忘れないでくださいね。
  • まずは、赤べこ牛さん探し。青べこはそのまま取得して、赤べこはタンスの中から取得しましょう。2つの頭を揃えたら、扇子を開いて頭を押す順番を確認します。揃えた赤べこと青べこをその順番にタップすれば、「鉢の印」が完成です。印が完成したら、扇子のあった居間に向かい「鍵」を取得しましょう。タンスを開いて「糸切りバサミ」を取得します。
  • 次は、白いツルさんです。立てかけた琴の弦を「糸切りバサミ」でカットします。土の入った鉢の中に「矢」があり、猿山の後ろに「弓」があります。アイテム欄より「弓矢」を作ったら、的に向かって飛ばしましょう。「枝の印」が解放され、また「鍵」を取得できます。タンスを開いて「厨房の鍵」を取得しましょう。
  • とまあ、ゲームはこのように進んでいきます。解放されると、竹がすくすくと伸びていきますね。
  • 鍵を開けて厨房に入ったら、お皿の上の「団子」を取得します。アイテム欄より、3つに分けてください。
  • 白いツルの花瓶にある、右側の木箱に移動します。「団子の串」で開くので、開きましょう。その中に「鉄瓶の取っ手」があります。これを取得しましょう。
  • 厨房より、鉄瓶の取っ手を取り付け、お湯の入った「鉄瓶」を取得します。取得後、3匹の猿がいる猿山に移動しましょう。猿山についたら、まず、それぞれ団子を1つずつあげます。そして最後に、鉄瓶のお湯を流して温泉に浸からせてあげましょう(熱くないのかな?)。猿は言います。「お礼に箱を直したよ」。
  • その前に、先に「布の印」が解放されたので、鍵を取得し、タンスから「木槌の持ち手」を取得しましょう。厨房にある和っぽい台所、この土台に「木槌の頭」がはまっています。「木槌の持ち手」を使って取得しましょう。
  • さて、猿の言う箱を開くためには、そろばんの珠の位置を揃える必要があります。ヒントは、お風呂に浸かった猿の手を確認しましょう。上下下上上上、ですね。そろばんの珠を揃え、箱の中から巻物が出てきました。どうやら扇子を畳んで使えば水芸ができるようです。
  • 水芸をするために確認する4箇所は、次のとおり。そろばんの位置を揃えた箱の中を確認します。次に、取っ手を取得した木箱の側面に団子の串を使いましょう。琴の弦をすべてカットし、床を確認します。木槌で厨房の水桶を叩くと、蓋の裏に確認できます。
  • 鉄瓶で水を汲み、水芸をするため、空の湯呑みに水を入れます。扇子はまき絵のとおり閉じて使い、カエルに水芸を見せてあげましょう。無事に4つのマークを揃えると、「貝の印」が解放されます。タンスから「黒い鍵」を取得しましょう。
  • この「黒い鍵」で、厨房の奥にあった背の低い棚を開けます。中からツボが出てきますので、糸切りバサミでカットしたら、中から「種」を取得しましょう。矢の刺さっていた土にこれを埋め、3回ほど水樽から水を汲み、鉄瓶を浸かって水やりをします。大きく成長して「赤かぶ」を取得したら、これは神棚にお備えに行きましょう。
  • 神棚のトンボは、赤かぶを取得した反対側にヒントがあります。→↑← となりますね。
  • 神棚の中には天狗さんがいて、左側のうちわを渡してください。

ここまでくればあとは最後の謎解き、天狗さんのアニメーションや、最後の謎を楽しんでください。最後の振り返りは、なんだか泣けてきます。

台風がくるとテキスト解答をしていますが、やっぱり脱出ゲーム好きですね。最後がほんとしみじみしました。寂しくなりましたもんw