2016年11月11日(金)、八芳園チャットの間で開催された、香川県イベントに参加させていただきました。秋の大試食会「さぬきうまいもん祭り in 東京」という開催名、報道関係者? になるのかな、ご招待いただき感無量でした。

最初に香川県について語らせてください。

香川県には、去年1回仕事で行くことができました。今年は残念ながら四国上陸となる仕事を受注できなかったのですが、そのときの仕事が終わり、ぶらりと街を歩いて入ったお店、「まいまい亭」での食事は衝撃的でした。

忌野清志郎が香川県を訪れた際、よく来てくれたお店、と店主はお話していましたが、実際のところどうなのか……。けれども、お遍路料理として店主が出してくれた川魚料理は、管理人の中でも伝説です。店主が香川県のことをとてもよく教えていただき、刺し身醤油にオリーブオイルを入れて食べたことは、ここが初めてでした。

あまごのひらら煮 ↓

あらら煮

オリーブオイルと醤油でいただくお刺身 ↓

オリーブオイルと醤油

伝統料理がいつまでも残ってほしいなーと思いながらの出張でしたね。


そしてイベントに。一年前のことを思い出しながら、円卓テーブルに座りました。

img_3993

うどん県、それだけじゃない香川県。「うどん」というキーワードに全力を尽くしてしまったゆえ、後続のキーワードが育っていないのね、という印象は拭えません。管理人も「脱出ゲーム」というキーワードに依存してしまったため、このキャッチコピーにはとても近しい気分になりました。

それだけじゃない香川県。

プレゼンテーションがあったのは、おいでまいというお米と、オリーブハマチ。おいでまいのアピールポイントとしては、冷めてもおいしいお米ということ、そして温暖化にも強いお米ということでした。オリーブハマチのアピールポイントは、オリーブの葉の粉末を2%以上添加した餌を20日与えて育てた養殖ハマチということ。抗酸化作用で痛みにくい肉質となり、脂が乗っていてさっぱりとした味わいになるということでした。

もうひとつ、さぬきゴールドというキウイのお話もあったのですが、ここはテーブル内でお話が盛り上がってしまい、聞きそびれてしまいました…とまあ、アピールポイントをご紹介するよりも、実際に振る舞われた数々のおいしいお食事を、写真とともにアップしていきますね。

img_4010

まず、オリーブハマチとおいでまいのコラボレーション。ハマチの炙り寿司。肉厚があり、油の甘みもあり、食べたあとに鼻で息を吐くとしっかりとハマチの旨味を香ることができて、美味しかったです。

img_4012

行列が嫌いなので、最初は誰も並ばなかったバーカウンターへ行きました。日本酒の飲み比べ、管理人の舌では、味がわかるのは3種類ぐらいまで。

すべてのお酒を飲み比べることは無理なので、「勇心」「おいでまい」という日本酒2種類、「瀬戸の月光」という白&赤ワインをいただきました。勇心は知事賞受賞した日本酒ということで、なめらかな反面酸味もあってすっきり、おいしかったです。

img_4022

そしてうどん。さぬき麺業株式会社の代表取締役社長自らが作ってくれました。

img_4025

わんこそばのごとく、ひとのみで食べてしまいました。

毎週食べているはなまるうどんが硬すぎるので、社長の麺がやわらかく感じてしまったのですが、香川県のタクシーの運ちゃんも言っていました。さぬき=硬いうどんってのが先行しすぎている、と。本場の麺の弾力を味わうことができたので、管理人においても貴重な経験でした。

img_4023

その他、讃岐コーチンやオリーブ夢豚など、冷製料理から温製料理まで、うまうまといただきました。中でも、これ ↓

img_4024

一番感動したのが、このおいでまいとオリーブの土鍋炊き込みご飯。土鍋に仕上がった炊き込みご飯、土鍋の蓋を開けてから、小豆島のオリーブオイルをかけて混ぜるといったもの。香りよし、風味よし、何杯でもいけそうでしたが、1杯しか食べられなかった。残念。

img_4027

最後はふぐ刺しですね。こんな貴重なふぐをいただき、光栄です。

うどん県の次のヒット商品となるもの、実は管理人、オリーブオイルだと思っているのですが、オリーブ○○、オリーブ△△という感じで、まずはオリーブオイルのアピールないのかな? と、新参者よろしく、率直な意見をアンケートに記載しておきました。

小豆島のオリーブオイル、なかなかGoodです。規模的な問題もあるので、全国のスーパーには並ばないかな……。

img_4029

最後は社長と、香川県のツルきゃら「うどん脳」と一緒に写真を撮らせていただきました。

ご当地キャラ、うどん脳。どうして脳みそを溢れ出してしまったのか、あの脳さえなければ可愛いのにと思ってしまいましたが、ふなっしーも最初は目が気持ち悪いとぼやいていたのにも関わらず、いまでは愛くるしい目として認識しているので、うどん脳の脳にも、いつしか愛くるしさが芽生えてくるかもしれません。

img_4011

うどん脳。

img_4030

うどん脳が最後に肩のマッサージしてくれたのだけど、かなり気持ちよかったよ。