スマートフォンのソーシャルゲームアプリ「白猫プロジェクト」。プレイして、今日で340日が経過したようです。

そんなにやっているのか?

[divider type=”line” margintop=”0″]

白猫プロジェクト

白猫プロジェクト

[divider type=”line” margintop=”0″]

ソーシャルゲームのほとんどは、1日にプレイできる回数や時間、ステータスなどの制限がされていましたが、このゲームは無制限プレイなんです。まさに革命的なゲームだと思っています。面白い!

新しいキャラクターを取得するための「ガチャ」に必要なジュエルも、通常プレイでも十分取得できるため、無課金でも十分に楽しめます。

今月は1周年記念イベントがたくさん開催されているため、つい楽しんでプレイしてしまうのです。

しかし、困った行動に走ってしまいます。

新しいキャラクターが登場するたび、ガチャをする必要が出てくる気がして、ついジュエルが足らなくなると課金してしまうのです。

しかも酔ったときw

白猫プロジェクトには、課金制限があります。安心家族設定をしておけば、端末のパスワード以外にも、4桁のパスワードを設けることができます。しかし大人の管理人には家族が設定する必要も無く、設定したとしても酔っ払ってしまうと電光石火のごとく解除してしまい、ジュエルを買ってガチャってしまいます。

前回もやっていまいました。

キャラクターとしては、ガーネット、シズク、ヴィヴィ、ユピテルという無敵最強ステータス(凸4)の布陣があるので、このパーティーでクリアできないステージはもうないです。最新ステージ「君とあなたの大大ダイナミック」も無事にクリアできました。

これ以上新しいキャラクターは不要なのですが<欲>というものは恐ろしいもの。

手に入れてもなお手に入れたくなるものです。

1年間遊んだ金額は支払ったので、これ以上の課金はしないと決断したいのですが、酔っ払った自分というのはいつも別人格で暴走してしまうので、なんとか食い止めなければなりません。

そこで家族安心設定を使って、パスワードの4桁を友達に書き換えてもらうようにしました。書き換えてくれた彼も、適当に打った番号なので1週間もしたら忘れていることでしょう。

これで二度と課金することはないはずです。ナイスアイデア。