現在入院中のばっちゃんです。細かい容体を文章化はしたくないので割愛しますが、絶対に心拍数を上げてはいけない状況です。すぐに貧血を起こしてしまうからね。

一時帰宅が許されたので、病院から車で自宅へ、自宅前からおんぶをしてばっちゃんの2階の部屋へ、とやったのですが、どうも「おんぶ」という行為すらも、ばっちゃんにとっては心拍数が上がってしまう要因のようです。何かいいものないかな? と、検索してみます。

ハッピーおがわさんの「おんぶラック」という商品に到達しました。

Amazonの写真がへぼいので、どうなんだろ? と不安に思ったのですが、24時間以内に必要だったので、Amazonから購入。ばっちゃん2回目の外泊帰宅まで、間に合うことができました。

自宅到着後、母上をおんぶして使い方を覚えます。スキューバーダイビングのBCをさっと使いこなすように、訓練は必要です。

オンブラック

スキューバーダイビングのタンクもけっこうな重さですが、人間となればそのタンク4本〜5本分ぐらいの重量はあります。体重が減ってしまったばっちゃんとはいえ、脱力状態ですのでずっしり感はすごいです。

レスキューダイバーの管理人も本気が必要でした。

練習の際、元気なじっちゃんで試してみたのですが、立ち上がってしまえば完璧です。これ以上ない商品だと思います。ただ、立ち上がるときと下ろすとき、つまり背負っている人のスタートとゴールが大変でしたね。

スキューバーダイビングのレスキュー講習でも習ったように、補助が必要なら必ず補助を呼ぶ、という鉄則です。立ち上がるときと下ろすときは、必ず補助の人がいれば問題ありません。家族みんな手伝ってくれました。

無事にばっちゃんの移動、心拍数を上げることなく運べました。ハッピーおがわさん、素晴らしい商品をありがとうございます。

これ、一家にひとつは絶対必要なアイテムじゃないかな、と使っていて思いました。無事にばっちゃんを背負うこともできましたし、しばらくこいつが我が家族間で重宝しますね。