gas

Google Apps Script の勉強会に参加してきました。シェアOKだったかNGだったか、ちょっと確認ができていないので、習ってきたことを自分なりの講座内容としてリプレイスしてみます。

Google Apps Script とは?

Googleアカウントを取得すると、GmailやGoogleカレンダー、GoogleドキュメントやGoogleスプレッドシートなどのアプリケーションソフトが、インターネットを通じて利用することができます。無料ですよね。

Google Apps Scriptとは、上記どのアプリケーションにも紐づけ可能なので、逆にとっつきずらい。そのため、Excelのマクロを想定してみましょう。逆にマクロって何? というレベルだと、以下の話はちんぷんかんぷんなので、ご了承ください……。

Excelのマクロという言葉を、「手順書」と置き換えてください。手順書は、VBAというプログラミング言語で記載され、記載されたVBAを実行すると、その手順書に書かれた操作を自動的に処理します。

VBAとは、VBというプログラミング言語を、WordやExcelなどでも実行できるよう改良したプログラミング言語のことです。

Google Apps Scriptも、VBAと対比して説明するとわかりやすいでしょう。Javascriptというプログラミング言語を、Googleのアプリケーションで実行できるよう改良した言語ということになります。

[divider type=”line” margintop=”0″]

Google Apps Script でHello World !

VBAはVBEというエディターでプログラミング言語を記載していきますが、Google Spread Sheet(以下GAS)も、エディタを使って記載していきます。今回の勉強会で利用したエディタは、「Google Spread Sheet」に搭載しているエディタです。

gas01

こちらをクリックすると、エディタが起動します。

gas02

青い枠が、VBEの画面でいう「プロジェクトエクスプローラー」の「Module 1」みたいなものです。ソースコードエリアの「見出し」ですね。赤い枠が、コードを記述するエリアとなります。

ここに2つのプログラムを書いてみます。記載後、まだ「無題のプロジェクト」となっており、この状態だと記述したプログラムが起動しないので、名前をつけて保存しましょう。

gas03

そうすると、緑色の枠の部分が関数名を取得し、更新されます。いつでもこまめに保存はしましょう。そして関数名は

function HelloWorld(){

となっており、HelloWorld という文字は、自分で自由に名前をつけることができるんです。どうしてHelloWorldか? それは、初めてそのプログラム言語を取り扱う場合、必ずHelloWorldという言葉を使います。これからお世話になりますね、というプログラミング言語に対するご挨拶なのです。

それでは、これを実行してみましょう。再生ボタンを押します。

gas04

押すと、必ず承認メッセージが出てきます。承認してください。Excelのマクロでも、マクロを実行しますか? どうしますか? と聞いてきます。それと同じですね。

gas05

もう一画面承認があります。とりあえずOKとしてください。

gas06

押しても何も反応がありませんが、起動しているGoogle Spread Sheetに戻ります。すると、ダイアログボックスが登場して「HelloWorld」という記載が出現しました。

gas07

上記コードは、こういう意味になります。

function HelloWorld(){
Browser.msgBox(“Hello World !”)
}

関数名はハローワールドです。開始します。
ブラウザのメッセージボックスを開いて、そこにHalloWorldと記載します。
終了です。

なるほど、こうして実行するんだな、というのを最初の学んでいきました。スタートのスタートですね。ここからスタートし、昨日は簡単な出退勤勤務システムを作って終了となりました。

まだ、GASについては未知の世界なので、けれどもExcelのマクロで実行できることはだいたいカバーできるなという信頼はあるので、今後も勉強を続け、こちらのサイト内にもGAS講座というものを作っていければなと考えております。