iphoneなどのカメラで写真を撮影すると、どのカメラで撮影したか? どんな設定で撮影したか? また、位置情報までもが残ります。Exif(いぐじふ)と呼ばれているものなのですが、日付のみならず、それらの画像情報を盛り込めるので、写真データを見直した際に、当時の記録が残るで便利といえば便利です。

Exifについては、Wikipediaの説明を引用します。

Exchangeable image file format(エクスチェンジャブル・イメージ・ファイル・フォーマット)は、富士フイルムが開発し、当時の日本電子工業振興協会 (JEIDA)で規格化された、写真用のメタデータを含む画像ファイルフォーマット。デジタルカメラの画像の保存に使われる。

管理人、FacebookやTwitterには、ゆるゆるとプライベート仕様で使っております。しかし、ふと画像位置情報が気になったんですね。撮影した位置情報がバレてしまう……まあ、いままでテレビなどでも注意喚起がありましたが……。

改めて確認しておこうと思いました。

FacebookやTwitterに画像アップすると、アップロードの際に画像情報は消されていました。投稿した位置情報だけが得られている、といった感じです。なので、安心といえば安心の仕様ではありますが、あまり消されているから大丈夫、と信じ込んでいると、仕様変更がないとも言い切れないので、注意が必要ですよね。

Facebookにアップした画像

facebook

ブログにそのまま写真をアップ

original

もしブラウザから閲覧されている方、いらっしゃいましたら、2つの画像をデスクトップにドラッグ&ドロップしてみましょう。Windowsで説明させてください。Facebookに投稿した写真を右クリックし「プロパティ」を見てみます。

propate

ほとんど情報が欠損しています。オリジナルのはどうでしょう?

propate2

ちゃんとGPSが載っていますね。この座標軸を覚えておいて、これだけGPS情報が出ていると、ネットにあるツールを使って緯度経度より地図情報を取得します。

経度緯度表記の変換

propate3

これで六本木ヒルズの位置情報が取得できました。管理人もWebサイトを運用しているので、改めて写真の位置情報には気をつけようと思います。

WindowsでのGPS情報・削除方法

画像を右クリック後、プロパティよりこちらを選択します。

propate4

そして、「このファイルから次のプロパティを削除」より、消したい項目にチェックを入れていきます。

propate5

OKボタンをクリック後、情報が削除されました。ただ、これは1枚1枚の写真でしかできないので、まとめて写真の位置情報を削除する場合は、現段階ではまとめてFacebookにアルバムをつくり、そこからDLしなおしたほうが楽かもしれません。

フリーソフトを使うという手もあるのですけどね。