excelvba

※ 長整数型が200万となっているミスを反省のため晒し、次回もよりよい講座を作ります。

転職先の金融機関で、ExcelのVBAがどうしても必要! というご依頼を受け、昨日朝の9時から19時まで、まる1日みっちりとExcelのVBA講座をさせていただきました。

普段は自分のサンプルデータを受講生にお渡しする、という講座形態なのですが、赴任先の海外でもみっちり復習できるよう、VBA初心者には最適なバイブルとなるだろう、門脇香奈子さんのテキストで進行させていただきました。

ほんとわかりやすい本で、VBA導入の部分では一番のテキストです。

記録マクロ講座は、何度か集団講座でやってはいたのですが、がっつりVBA講座&マンツーマンというものは今回が初めてで、どう教えてあげればいいかな? と、試行錯誤の末の講座でもありました。

ゴールは、業務においてプログラミングをする必要はなく、ステートメント(1行1行のコード)が読めるようになることが目的、というご依頼。それでもなお、ステートメントの書く練習は避けられず、全2日の集中講座を予定し、初日は以下のようなカリキュラムで進行しました。


  • 09:00 – マクロについてのおおまかな説明。VBEの画面説明。
  • 09:30 – 11:30 – 記録マクロについての操作と制作。
  • お昼
  • 13:00 – 14:00 – VBAについての教科書的な説明と、VBEでの入力説明。
  • 14:00 – 16:00 – セル・行・列に必要なプロパティ・メソッドの記述練習。
  • 16:00 – 17:00 – ここまでの総復習。
  • 17:30 – 19:00 – If Then Else / Select Case /For Each Next の構文練習

休憩は適宜とりました。18:30頃にはどちらも集中力切れとなってしまい、Do Loop While まで到達できなかったのが残念ではあります。

ただ、開発タブを初めて出した方に、1日でここまで教えることができたのは、管理人もとても嬉しかったですし、カリキュラム制作に無駄はなかったかな? と自負しております。第4章までをとにかく復習してくださいと宿題を出して、解散となりました。

VBA講座はもう1日用意しているので、次回講座完了時にはゴールとなるステートメントを自由に読みこなせるレベルに成長していることを願っています。

後記

2回目は、If Then For Next Select case Do loopの復習をしたあと、Functionプロシージャについての説明をし、最後にフォルダ操作関係のVBAコードを教えて終了となりました。2日目は5時間程度のカリキュラムで終了いたしました。