当サイトの他にも、100Excelというサイトを運営しています。制作当初は1日30PVぐらい(自分かBotのアクセス)でしたが、一生懸命更新を続けて「はてブ」でも取り上げられるくらいになりました。

http://cashew.hatenablog.com/entry/excel-study-201504

そこからまたアクセス数が増えた気がします。100Excelゆえに100個という記事単位、短時間集中で書き上げました。夏の暑い日に乱打した記事が多いので、誤字脱字表現方法の間違いがないか心配です。

先日書き上げた2013バージョンも、また読み返さないとなと反省しております。まあ、涼しくなったらやります。

さて、100Excel完成後に行った市場調査で、Excelをテーマに記述されているサイト様をたくさん見けました。特に以下3つのサイト様には、リアル講義の休み時間、マジでお世話になっています。

インストラクターのネタ帳
Office TANAKA
ワニchanのうぇぶわーるど

講義の休み時間に複雑難題な質問を受け、ネットでちょちょっと調べるといつも該当してくれるのです。本当に助かっております。

R1C1表記はどうしてあるの? MacとWin、日付のシリアル値が1900年はじまりと1904年はじまりの違いはなんなの? 検索と置換のコマンドで、検索する文字列にカーソルがいつもこないのはどうして?

などなど……いろいろ調べさせていただきました。

先日、上記3つのWebサイトは検索してその目的となるページに到達するだけ、トップページからきちんと閲覧していないな、ということに気づき、まずはOffice TANAKAさんのWebページをなめるように見ていきました。閲覧開始後、トップページに釘付けになります。

「なんじゃこりゃ!」

トップページ到達後すぐ[highlight color=”yellow”]Excel Master[/highlight]というアプリを発見し、即ダウンロードしてみました。昔は有料だったようですが、いまでは無料になっています。Excelのクイズソフトですね。

やべっ、すげー楽しい。

ExcelMaster

あらゆるOffice Masterの称号を持ち、Excelを統べる研修講師としては、当然100点満点でなければならないのですが……これがまた難しい。油断すると、ガチで悩む問題が詰め込まれています。

IMG_3569.PNG

しかし、講師であればこそ知っていて当たりまえ。Excelの講座を担当しているのならば、全部把握しておきたい厳選集ですね。

「間違えるって素晴らしいですね。また勉強になりました」

不正解のたび、林先生が問題に間違えたときの定型句をつぶやいています。

管理人も涼しくなったら、100Excelのほうで謎解きExcelを作ってみようかなと思いました。初心者向けの内容じゃなくてさ、もうExcelマニアクラスの問題にしてみようかなw