疎遠になっていたEvernote。

講座のログやメモを取ったり、ライフログを書いたり、便利なサイトを集めたり、毎日自分の顔を撮り続けて太ってないかを時系列で確認したりと……それなりに使っていたので、ノート数は無駄に12,054ノートありました。

けれども取り込んだWebサイトはほとんど見ないし、日記なんか二度と読み返すこともありません。

一方的に詰め込むだけで再確認しなかったEvernoteにいつしか飽きてしまい、パソコンも変えたりしたためインストールすらせず、いつの間にか疎遠になっていたのですが、ここでもう一度使い倒してみることにしました。

理由は強いストレスが発生したから。

この頭の中にあるモヤモヤを外に出したい、という気持ちが強かったのでしょう。いつまでも思考回路を阻害する内容を頭だけに留めておくのはよくない。あらゆる端末を使って、いつでもどこでも吐き出すものが欲しかったからです。

すべてを記憶するEvernote。

このモヤモヤすらも記憶させてしまえばいい。コピー&ペーストにならないよう、きちんと切り取り&貼り付けるために、一生懸命記憶を吐き出す。吐ききる。感情的なことも、論理的なことも全部。

頭の中をいつでも空にしておくことは、手帳術でもよく言われていること……とはいえ、続くかな? と思い、ベーシック版で試していました。

4日ですぐ限界値となる60MBアップロード到達ですね。あと1Gぐらいは吐き出さないといけないのですが、作業をしているとまた昔のように使い倒してみたくなったわけです。

なので、プレミアム版に移行してみました。

Evernote

最初に、着手したこと。

これまで溜めた12,054ノートを完全に削除してみました(前回消したつもりだったんだけど、競合エラーが起きてた)。ゼロからやり直してみます。

ただ重いだけ。もう見ないから。講座データも、Googleドライブに必要なものは全部入っています。だから大丈夫。

ノートタイトルに日付の8桁を付して管理すること、ノートジャンルは適宜整理しておくこと、タグは明確につけておくことなど、Evernoteのリトライは自分の感覚、感性を頼りに作成していくつもりです。

あのときよりもITスキルは馬鹿みたいに上がっているはずなので、無駄に詰め込むだけのツールにはならないようにします。これから1年間どうなるかな?

来年の8月18日に完成しているEvernoteが楽しみです。