脱出ゲーム好きな管理人とタイトルを打っている以上、脱出ゲーム記事もときどき書かせてください。脱出ゲームをプレイして、かれこれ4年の歳月が流れますが、管理人、もう脱出ゲームの謎解きは出尽くしただろう的な諦めがあったことは否定しません。

端末操作も限界がありますし、謎解き暗号もこれ以上あるのかな? と思ったりもしています。しかし、開発者様の進化は恐ろしいものです。今回感動したのは、開発元はnopropsさん。SUNKEN ROOMやWHITEROOM、霊のいる部屋からの脱出など、オーソドックスな脱出ゲームの名作は数多いです。

是非、Android版、iOS版の各ストアにて「noprops」と検索をされてみてください。すべてが素晴らしい脱出ゲームです。

今回は難易度こそ「かんたん」と宣言されているとおり、簡単ではあるのですが、その簡単の中に秘められた発想力、脱出ゲームにおける着眼点がすげーな、と興奮しておりました。

タイトルのとおり、脱出ゲームからの脱出。まさにゲーム構成が脱出ゲームからの脱出なんですね。2016年8月15日現在、Andorid版でのリリースとなります。iOS版も引き続き出てくれると嬉しいですね。シェアしまくります。

脱出ゲームからの脱出【Android】

こちらのゲーム、序盤よりその驚きが見えるかと思います。アイテムを取得していくと気づくことでしょう。序盤で詰まった方は、是非チュートリアルで操作方法を確認されてくださいね。

escapegameescape1
escapegameescape2

最後の難問がひとつだけ。ABOUTと記載された文字、ゲームを開始する前にありましたよね? ここを解くと、もう謎解きは終盤なのですが、最後の脱出方法まで謎解きプレイヤーを楽しませてくれる仕掛けになっています。

escapegameescape3
escapegameescape4

先日も脱出ゲームをプレイしていて、「MIRROR」という脱出ゲームのステージ構成に興奮しました。脱出ゲームの進化の可能性を管理人自ら制限してしまっていたのかもしれません。

なんだか、それを痛烈に感じた作品であり、また脱出ゲーム熱がぶり返してしまいました。攻略サイトとしてTransparentlyは引退したことには変わりないのですが、iphoroid+にて、変わらず脱出ゲーム愛を語っていこうと思います。

開発元であるnopropsさん、楽しいゲームをいつもありがとうございます。