第34回のG-Suiteユーザー会、最後のアンケートで「司会をやってみたいですか?」という項目があったかと思います。その記憶はあったんですね ^^;

種まき時期でもあった2016年の年末、もう仕事を受注しなくても年を越せることにほっとしていたので、ユーザー会のディスカッション時に振る舞われたビールをけっこう飲んでました。

で、最後のアンケートの際、そこにチェックを入れて帰宅したようです。そのため、1週間前に株式会社メジャース様からお電話をいただき、司会をお願いされたという経緯です。

講師歴は長いけど、実は初めての司会

フルスペックに午前中は動き、お昼にシェアいただいた原稿をせっせこ読んでおりました。

一緒に司会進行を任されている株式会社オープンハウスの方の下書きが素晴らしく、ほとんど自分は原稿に追記する必要がありませんでした。

会社名、お名前、役職、正確に読み上げることは難しいものです。それだけは間違えないよう、噛まないように、事務所で何度も練習をしました。

今回は適宜アドリブを入れてくださいとのことでしたので、アドリブを入れるため、登壇者の話を全部メモして、終わったときに何を話すかを考えるの意外と苦労しましたね。こういうとき、日頃の雑学や、友達、クライアントとの飲み会などがとても役に立ちます。

NDAのため詳細は記載しませんが、GCP(Google Cloud Platform)の話については、エンジニアではないのでまったく無知なため、ここでどういう切り返しをすればいいかなーとすごい悩んでいましたが、ここは相方さんがとてもいい切り返しをしてくれました。

まあ、そんなこんなで前半戦が終了。ヒューガルデン・ホワイトを投入します。

あとはもう流れに任せて、の司会進行でした。ちょっとだけお酒が入ると、余計な緊張感も抜けて喋りもとてもうまくなります。

第35回きていただいた皆様、ありがとうございました。そしてとても貴重な経験をさせていただいたメジャース様、ありがとうございました。

G-Suiteユーザー会について

G-Suiteユーザー会とは、そのままG-Suiteユーザーのための会で、Google社員からのアップデート報告があったり、事例紹介などで情報を共有したりといった定期セミナーです。

http://gsuiteusers.jp/

こちらよりユーザー会へ登録すると、セミナー参加のメールが届きますので、利用されている企業様は、ぜひ登録してみてください。

いつから参加したのかまったく記憶にないのですが、メールを遡ってみると25回目とのことでした。仕事の都合上、毎回参加ではないので5回目ぐらいでしょうか?

17時から21時までと長丁場なので、エンジニアサイドの話が出てくると理解できず、退屈さを感じていました。ですが今回、自分が司会をやったということで、わからない話もしっかり聞こうとする姿勢で挑むと、GCPについて理解ができましたね(GoogleCloudNextのとき、必死になってGCPって何!? とググってましたからw)。

そして回数を重ねていくにつれ、ユーザー会を通じて様々な企業様とお会いできている、という実感があります。前回も名刺交換をされた方の中で「ユーザー会では営業はしないですよ~」と、完全に楽しみとしてきている企業様もいらっしゃいました。

ユーザー会って、それでいいものだと思っています。

営業マンしかいなかったら、なんだか疲れるだけの会になりそうですし。また、ただの飲み会になってしまうのも当然NGではありますが、ガッチガチのビジネスモードではなく、オフライントークのような形で実際のビジネスは動くというもの。僕自身も営業して仕事を獲得したことはなく、ほとんどが酒の席での決定でした。

こういったつながりにおいて、僕はExcelやAccessについてはプロですし、たくさんの会社様に潜入しているので、どういう働き方をしているのか、自営業者ゆえにかなり広い知識を持っています。これまでの経験則がG-Suiteを活用されている企業様に応用できれば最高です。

そして結果、G-Suiteユーザーが増えていけば、WinWinになりますよね。

今回のアップデートはとても多かったので、サイボウズやOffice365、G-Suiteの兼ね合いを見定めながら、6月のAtmosphere(という大きな展示会があります)が楽しみになりました。